NEWSニュース

2018/03/09 | KAJIMOTO音楽日記

●速報!ゲルギエフ指揮ミュンヘン・フィルが12月に来日決定!!







首席指揮者ワレリー・ゲルギエフとミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団が、今年12月に来日することが決定しました!当コンビ、3年ぶり、2度目の日本ツアーです。

一部の媒体ではその情報が既に出ておりましたが、以下のように詳細が決まりましたので、お伝えいたします。

12/1(土)*開演時間未定 サントリーホール
ブラームス: ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 op.83 (ピアノ: ユジャ・ワン)
マーラー: 交響曲第1番 ニ長調 「巨人」

12月2日(日)14時 サントリーホール
プロコフィエフ: ピアノ協奏曲第3番 ハ長調 op.26 (ピアノ: ユジャ・ワン)
ブルックナー: 交響曲第9番 ニ短調





〈チケット料金〉
S¥33,000 A¥29,000 B¥25,000 C¥19,000 D¥14,000

〈発売日〉
カジモト・イープラス会員限定先行受付
6/14(木)12時 ~ 17(日)18時
一般発売
6/24(日)10時~


ゲルギエフは2015年からミュンヘン・フィルの首席指揮者を務めていますが、
それ以前も、この名門オーケストラは、ケンペ、チェリビダッケ、レヴァイン、ティーレマン、マゼールらに率いられるという壮観。
私たち日本のファンにとっては、特にチェリビダッケとともに80年代後半から90年代初頭に聴かせてくれたブルックナーの交響曲が忘れがたく、今回の「第9」は楽しみです!

また、ソリストとして共演するユジャ・ワンは、この3月のニューヨーク・フィルとの来日公演でブラームスの「ピアノ協奏曲第1番」を弾き、今度のゲルギエフ&ミュンヘン・フィルとは同じ作曲家の「第2番」を弾くというわけですから、これはもう注目の的。
加えて、翌日には以前から得意のプロコフィエフも弾くのですから、本当に凄い人ですね。


どうぞご期待ください!
 

PAGEUP