NEWS

ニュース

藤倉大がNHK Eテレ「にっぽんの芸能」新テーマ曲を書き下ろし!4/3(金)~放送開始。

©Yuko Moriyama/otocoto

作曲家の藤倉大が、毎週金曜午後11時~放送のNHK Eテレ「にっぽんの芸能」の新テーマ曲を書き下ろしました。オープニング・テーマとして「Chirashi(ちらし)」、エンディング・テーマとして「Karakara(からから)」を藤倉がロンドンで作曲し、藤倉作品にも馴染みの深い豪華アーティストが録音に参加。藤倉がテレビ番組のために作曲するのは今回が初めてとなります。この2曲は、4月3日(金)の放送回で初オンエアとなり、スタジオ収録の模様も同放送回で紹介されます。どうぞお楽しみください。

NHK Eテレ「にっぽんの芸能」
放送日:令和2年4月3日(金)23:00~23:54
再放送:令和2年4月6日(月)12:00~12:54
ワールドプレミアム:4月5日(日)3:10~4:05(日本時間)

能・文楽・歌舞伎など、古典芸能の魅力をわかりやすく紹介。俳優や演奏者の楽屋話やトリビアなど、鑑賞だけでない、プラスアルファの情報もお届けします。長く日本人に愛好されてきた芸能、若いクリエイターも注目する芸能、世界に誇れる芸能…古典芸能の新しい味わい方をご提供します。

https://www4.nhk.or.jp/nippongeinou/

【録音参加アーティスト】
尺八:藤原道山
三味線:本條秀慈郎
箏:LEO(今野玲央)
笙:東野珠実
ヴァイオリン:川久保賜紀、岸本萌乃加
ヴィオラ:有田朋央
チェロ:上野通明
ハープ:福井麻衣
指揮:吉田誠

藤倉大メッセージ:

この数年、急に沢山の若き素晴らしい邦楽の演奏者からの新作依頼が増えて、
作品を作って来ました。いろいろと今まで全く知らなかった邦楽の楽器を学びながら。今回はその僕の大好きな邦楽の奏者に全員集合してもらって番組のテーマのために、本当に自由に音楽を書きました。実は僕はこうした「テーマ」のような音楽を作るのは大好きなのです。
オープニングテーマ曲の「ちらし」は花びらが、はらはらと散ってくるような、
そんな感じを箏の「散らし爪」という技法で表現しました。
エンディングテーマ曲の「からから」は、躍動感のある箏の機動性とチェロのピッチカートの絡み、その音の間に染み入るような弦楽器のトレモロ、それが三味線のソロに移り、三味線がかましというテクニックで音楽をぐいぐいと押し、突き抜けた所には笙による瞑想的な世界。そこを刀でさっと切るような箏と尺八のメロディのかけあいが入り、最後に尺八の「からから」というテクニックで終えます。エピック、大河的なドラマを1分に押し込んだような作品を目指しました。

LATEST NEWS

最新ニュース