NEWS

ニュース

エマニュエル・リモルディ(ピアノ)新規マネジメント契約のお知らせ KAJIMOTO NEW ARTIST

このたびKAJIMOTOは、ピアニスト エマニュエル・リモルディ(Emanuel Rimoldi)のマネジメントをお引き受けすることになりました。

ミラノ出身のリモルディは、ヴェルディ音楽院でピアノと作曲を、その後モスクワ音楽院で学ぶことで、ロシアン・ピアニズムの真髄を体得。そしてマンハッタン国際音楽コンクールでグランプリ、並びにポゴレリッチ賞を授与されたことをきっかけに世界の舞台へと飛躍し、カーネギーホールやウィグモアホールといった各国の主要コンサートホール、またドゥシニキ国際ショパン・ピアノ音楽祭など多くのフェスティバルで演奏を行ってきました。

この秋には、秋山和慶の指揮による新日本フィルハーモニー交響楽団とショパン「ピアノ協奏曲2番」を共演、またハクジュホールでのリサイタルを予定しています。

今後の活躍にどうぞご注目ください!

アーティストページ
https://www.kajimotomusic.com/artists-projects/emanuel-rimoldi/


エマニュエル・リモルディ(ピアノ)
Emanuel Rimoldi, Piano

ミラノでルーマニア人の母とイタリア人の父の間に生まれる。ミラノ・ヴェルディ音楽院を経て、モスクワ音楽院でヴィルサラーゼに5年間師事した。ロシアン・ピアノスクールに育まれたイタリア人ピアニストである。

ノルウェーのトップ・オブ・ザ・ワールド国際コンクールで優勝し、その後マンハッタン国際コンクールでもグランプリを受賞。その審査委員長を務めたポゴレリッチからポゴレリッチ賞を授与されて国際舞台に躍り出た後は、カーネギーホール、ウィグモアホール、ミュンヘン・ガスタイクホール、ヴェルディ音楽院大ホールやメキシコの国際ベートーヴェン・ホール音楽祭、ポーランドのドゥニシキ国際ショパン・ピアノ音楽祭などに出演し、各地で熱い支持を得て新聞などでも絶賛。またそれらの演奏はテレビやラジオなどでも放送されている。

2017年にアメリカ・コンサートツアーで同国デビューを飾り、翌2018年には日本、ドイツ、ロシアでデビューを果たした。2019年には横浜みなとみらいホール公演などをはじめとする3度目の日本ツアーを行った。

これまでにフランス、スペイン、イタリアで国際コンクールの審査員として携わり、近年はノルウェー、イタリア、日本等各地のマスタークラスで後進の指導にもあたる。 また、いくつかの映画音楽の作曲も手がけている。

LATEST NEWS

最新ニュース