NEWSニュース

2013/09/20 | ARK NOVA

◆『ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 松島2013』 :可動式ホールの写真が届いています!

来る9月28日にいよいよ宮城県松島で開幕する『ルツェルン・フェスティバルアーク・ノヴァ 松島2013』。
開幕日当日には、オープニング・セレモニーのほか、グスターボ・ヒメノ指揮・仙台フィルハーモニー管弦楽団の公演が予定されています。

さて、出演者もさることながら、皆さまが“気になる”のが、可動式のホールの現状、なのではないかと思います。
建築家の磯崎新、彫刻家のアニッシュ・カプーアにより共同制作されたこのホール、9月10日には無事会場(西行戻しの松公園)でのエアー・アップ・テストが成功しました。

送風機を使って楕円形のホール内に空気を入れるという、約2時間の作業。
縦:約35メートル×横:約30メートル×高さ:約18メートルです。



空から見てみます↓



そして内部はこのような雰囲気。約500名を収容できます。↓



ホール内部の椅子は、8月に行われたワークショップで瑞巌寺の杉を活用して手作りされたもの。
こちらは、そのワークショップの様子です↓




ひとたび中に入ると、異次元の世界が広がる不思議なホールです。
開幕まであと1週間!


『ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 松島2013』公式サイト

PAGEUP