NEWSニュース

2011/08/02 | KAJIMOTO音楽日記

●P.ゼルキン「A to Z」特別編:ゼルキンが用いる特殊調律「1/7コンマミーントーン」の世界!

いよいよ8月に突入し、大ピアニスト、ピーター・ゼルキンの来日が刻一刻と近づいております。当サイトでは「ゼルキンA to Z」と題し、彼の音楽家としての軌跡を連載の形でご紹介していますが、本日はその「スペシャル版」です!今では「平均律」で調律されることが一般的となっているピアノですが、実はゼルキンは「1/7コンマミーントーン」というめずらしい調律法を好み、自身のリサイタルで積極的に採用しています。
本日は、ゼルキンが全幅の信頼を寄せ、その来日のたびに彼の公演でピアノ調律を行っている松尾楽器商会の外山洋司(とやま・ひろし)氏が、この「1/7コンマミーントーン」について説明してくださいます!

***


現在、モダン・ピアノの演奏会では、そのほとんどが「平均律」で調律されていますが、ピーター・ゼルキン氏はこの数年の来日公演で、「1/7コンマミーントーン」という調律法で演奏会を行っています。
この調律法が平均律とどのような違いがあるのかごくごく簡単にお話してみましょう。

まず調律の仕組みですが、ご存知のように1オクターブには白・黒あわせて12の鍵盤があり、オクターブはうなりの無い純正な響きでなくてはなりません。
次に純正にしたい音程は5度です。例えばバイオリンの弦はG D A E(※文末注)と5度音程で張られていて、チューニングを行う際はこの5度をうなりの無い(音程がわずかでも違った2つの音には、微妙な"うなり"が聴こえます)純正な響きとなるよう合わせます。
この5度音程を積み重ねてゆくことでC G D A E B F♯ C♯ G♯ E♭ B♭ F C と1オクターブに12の音階を作ることが出来ます。
ところが、このように純正5度を積み重ねて作っていくと、肝心のオクターブはうなりの無い純正な響きではなく、半音の約1/4(24セント)オクターブよりはみ出してしまうのです。これは大変に不都合となります。
この不都合をどのように解決するのか...ということでこれまでに様々な調律法が考案されてきました。

現在、一般的に使われている平均律はこの広くはみ出した24セントを12等分し、純正5度より僅か2セント狭くした5度(約2秒に1回のうなり)を積み重ねることで純正なオクターブを実現させた音律です。
調律はこのように各音程間のうなりの数を聴いて加減し、音階を作ります。
こうして平均律では、どの調性でも同じうなりを発し、転調をした際も均一に響くようになるわけです。

一方、今回お聴きいただく1/7コンマミーントーンでは、5度を平均律よりさらに狭くとり(約1秒に1回のうなり)、そのかわり調号の少ない3度のうなりを少なくしています。したがって♭や♯の調号が少ない調性のときには平均律に比べ穏やかなハーモニーで柔らかく響きます。しかし、G♯~E♭の5度が純正よりもかなり広く、5度としては異例な響きとなっている他、調号の多い3度ではうなはりかなり多くなり、♭や♯が多い調性のときには響きはにごり、堅く緊張感のある響きになります。
このように各調により、緩急あるハーモニーの違いを聴かせることができます。

今回のプログラムにおいて、この調律法がどのような響きを与え、ピーター・ゼルキン氏がそれぞれの曲をどう聴かせてくれるのか今からとても楽しみです。
 是非、ホールでこの響きを体験し、普段聴きなれた平均律との違いを感じながら、その色彩感を味わって頂きたいと思います。

松尾楽器商会
外山 洋司


***

(KAJIMOTO注)西洋の音階の構成音はCDEF...とアルファベットで表記されることがあります。ドレミ表記でおきかえると、C=ド、D=レ、E=ミ、F=ファ、G=ソ、A=ラ、B=シ、となります。

***



注目の「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」に出演したのち、8月31日に東京オペラシティにてリサイタルを開くゼルキン。
音楽の深さはもちろん、ぜひ彼が生み出す「音響世界」をも堪能しに、会場へいらしてください!

→ 松尾楽器商会/スタインウェイサロン http://www.h-matsuo.co.jp/



【ピーター・ゼルキン 全国公演スケジュール】 (プロフィール

■2011年8月24日(水) 19:15 長野・松本/長野県松本文化会館 [プログラムB]
~武満徹メモリアルコンサート~
【問】サイトウ・キネン・フェスティバル松本実行委員会 0263-39-0001

■2011年8月26日(金) 19:00 長野・松本/長野県松本文化会館 [プログラムC]
【問】サイトウ・キネン・フェスティバル松本実行委員会 0263-39-0001 (発売中)

■2011年8月28日(日) 18:00 長野・松本/長野県松本文化会館 [プログラムC]
【問】サイトウ・キネン・フェスティバル松本実行委員会 0263-39-0001 (発売中)

■2011年8月31日(水) 19:00 東京/東京オペラシティ コンサートホール [プログラムA]
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

[プログラムA]
武満徹: フォー・アウェイ
ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 op.110
  ***
ベートーヴェン: ディアベッリの主題による33の変奏曲 op.120

【プログラムB】
武満徹: 遮られない休息
武満徹: フォー・アウェイ
武満徹: 雨の樹素描
武満徹: 閉じた眼-瀧口修造の追憶に-
武満徹: 閉じた眼II
  ***
ベートーヴェン: ディアベッリの主題による33の変奏曲 op.120

【プログラムC】
バルトーク: ピアノ協奏曲第3番 Sz.119
共演:ディエゴ・マテウス指揮/サイトウ・キネン・オーケストラ



【ピーター・ゼルキン 関連記事】
ピーター・ゼルキン 発売中 (2011.4.16)
同時代、その名演に立ち会える幸せ ~ゼルキンの「ディアベッリ」リサイタル、米で高評価~ (2011.6.19)
同時代、その名演に立ち会える幸せ ~ピーター・ゼルキン「A to Z」パート1:ピーターの父ルドルフ・ゼルキン (2011.6.30)
同時代、その名演に立ち会える幸せ ~ピーター・ゼルキン「A to Z」パート2:ピーターの祖父アドルフ・ブッシュ (2011.7.3)
ピーター・ゼルキン「A to Z」パート3:ピーター誕生! (2011.7.8)
ピーター・ゼルキン「A to Z」パート4:ピーター=ヒッピー? (2011.7.26)
サイトウ・キネン・フェス、長野県外4都市で公演を上映:ゼルキン&ゲルネの演奏を大型スクリーンで! (2011.8.16)
ピーター・ゼルキン「A to Z」パート5:スーパー室内楽集団「タッシ」の誕生 (2011.8.19)
P.ゼルキン「A to Z」特別編2 ~「ディアベッリ変奏曲」についてゼルキンからメッセージが届きました (2011.8.23)
ピーター・ゼルキン 曲目一部変更のお知らせ (2011.8.24)
空前の名演。P.ゼルキンinサイトウ・キネン・フェスティバル松本 (2011.8.29)
PAGEUP