NEWSニュース

2014/02/12 | KAJIMOTO音楽日記

●NYフィルのアジア・ツアー・レポートvol.3~ソウル想い出Photo+大阪公演!

ギルバート指揮NYフィルが昨日に無事に東京入り!
NYフィルは早速に、楽団の“ライフワーク”のひとつ、青少年のための「10代のためのプレミアム・コンサート」をサントリーホールで開き、会場を盛り上げました(ギルバートが自らブリテンの作品で日本語ナレーションを務めたり、福島とNYの子どもたちの交流から生まれた新作が初演されたり・・・多彩なラインナップで行われたこの公演については、また別途レポートいたしますね。)

さて。
ソウルでNYフィルにデビューを果たした小曽根真。その際のお写真、まだ皆さまにお見せしていなかったと思います。こちら!!



「ラプソディ・イン・ブルー」を演奏後、小曽根は会場からの大喝采に応え、自作の「Bienvenidos al Mundo」(『FIRST DECADE』)を演奏。ギルバート、特等席ですね~



この日のソウルでのバックステージの様子。首席チェロのCarter Brey、ヴァイオリンのJudith Ginsbergがサイン中。



バーンスタインの「シンフォニック・ダンス」、ガーシュウィンの「パリのアメリカ人」を演奏した楽団、まだまだパワーがみなぎっているのが凄いところ・・・ アンコールではメノッティ「序曲:アメリア舞踏会へ行く」、そしてシューベルト『ロザムンデ』より間奏曲第5番をお届けしました。会場も熱気むんむんです↓



ソウル公演直後の日本ツアー初日(名古屋)についてはレポート済みですので割愛しますが(こちら)、一行は2/10には大阪シンフォニーホールに登場し、再度、小曽根真を迎えての「ラプソディ・イン・ブルー」を披露。まるでこの3者――ギルバート×NYフィル×小曽根――のために書かれたのではないかと(手前味噌でスミマセン)思わせるほどの、この上ない息の合いっぷりと名演でした。
実はアラン・ギルバート、学生時代にドラムも叩いており、ジャズにはとても詳しいとのこと。小曽根いわく、“彼の体にはJazzが浸み込んでいる!”そうです。二人の強い信頼関係が表れた温かい、そして白熱の演奏でした。



拍手喝采を浴びた小曽根は、「セロニアス・モンク:ブルーモンク」をアンコールに披露。
さすがはニューヨークのミュージシャンたち!首席トロンボーンのJoseph AlessiとコントラバスのDavid J. Grossmanが小曽根にジョインし、会場は突然、マンハッタンな(?)オトナのムードに。



(ちなみにこのトロンボーンのジョセフ・アレッシは、金管ファンなら誰でも憧れる世界的トロンボーン奏者ですね。今回は更に、ロイヤル・コンセルトヘボウ管の首席トロンボーン奏者でこちらも世界的スター、ヨルゲン・ファン・ライエンが特別にツアーに参加しています♪)


小曽根は2/15(土)に横浜みなとみらいホールにて、再度NYフィルと「ラプソディ・イン・ブルー」を演奏。どうかお聴き逃しなく!!(詳細

そして!本日2/12(水)NYフィルは、ギルバートが楽団の「家族」と呼ぶピアニスト=イェフィム・ブロンフマンを迎え、サントリーホールにて公演します。
楽団が力を入れるラウスとリンドベルイの“現代音楽”に、チャイコフスキーの交響曲第5番が加わる重量級プログラム。現代音楽だとちょっとな・・・としり込みしている貴方、ニューヨーカーたちを魅了し続けているギルバート&NYフィルの選曲と演奏、後悔させませんよ!


<ニューヨーク・フィルハーモニック 2014年 2月 来日ツアー>

指揮: アラン・ギルバート
ピアノ: 小曽根真(2/10、2/15) イエフィム・ブロンフマン(2/12)
ヴァイオリン: リサ・バティアシュヴィリ(2/13)

■2014年 2月 9日(日) 14:00/名古屋 愛知県芸術劇場コンサートホール 【プログラムA】
【問】中京テレビ事業 052-957-3333

■2014年 2月10日(月) 19:00/大阪 ザ・シンフォニーホール 【プログラムB】
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■2014年 2月12日(水) 19:00/東京 サントリーホール 【プログラムC】
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■2014年 2月13日(木) 19:00/東京 サントリーホール 【プログラムD】
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■2014年 2月15日(土) 15:00/神奈川 横浜みなとみらいホール 【プログラムE】
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960


【プログラムA】
ラウス: 狂喜
バーンスタイン: 『ウエストサイド物語』より「シンフォニック・ダンス」
      * * *
チャイコフスキー: 交響曲第5番 ホ短調 op.64

【プログラムB】
ブリテン: 青少年のための管弦楽入門
ガーシュウィン: ラプソディ・イン・ブルー (ピアノ:小曽根真)
      * * *
チャイコフスキー: 交響曲第5番 ホ短調 op.64

【プログラムC】
ラウス: 狂喜
リンドベルイ: ピアノ協奏曲第2番(ピアノ:イエフィム・ブロンフマン)
     *  * *
チャイコフスキー: 交響曲第5番 ホ短調 op.64

【プログラムD】
ベートーヴェン: オペラ「フィデリオ」序曲 op.72b
ショスタコーヴィチ: ヴァイオリン協奏曲 (ヴァイオリン:リサ・バティアシュヴィリ)
     * * *
ベートーヴェン: 交響曲第1番 ハ長調 op.21
ガーシュウィン: パリのアメリカ人

【プログラムE】
ラウス:狂喜
ガーシュウィン: ラプソディ・イン・ブルー (ピアノ:小曽根真)
     * * *
チャイコフスキー: 交響曲第5番 ホ短調 op.64


<関連公演>
Sony Music Foundation(公益財団法人ソニー音楽財団)
10代のためのプレミアム・コンサート・シリーズ
アラン・ギルバート&ニューヨーク・フィルハーモニック
2014年2月11日(火・祝)18:00開演
<会場>サントリーホール
指揮:アラン・ギルバート/ジョシュア・ワイラースタイン
管弦楽:ニューヨーク・フィルハーモニック
ピアノ:小曽根 真
<曲目> ブリテン:青少年のための管弦楽入門
       ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー
バーンスタイン:『ウエストサイド物語』より「シンフォニック・ダンス」 ほか
<お問い合わせ> Sony Music Foundation TEL 03-5227-5233

PAGEUP