NEWSニュース

2011/09/23 | KAJIMOTO音楽日記

●パッパーノ&サンタ・チェチーリア管 来日直前特別編その2―― 今夏ロンドン・プロムスでの絶賛

台風一過。一気に涼しくはなりませんでしたが、高く青い空が広がって、すっかり秋の色合いが増しましたね。

さて、来日迫るパッパーノ&ローマ・サンタ・チェチーリア管。彼らはこの夏、ロンドンの夏の恒例の大音楽祭、BBCプロムスに登場しました。全霊を込めたレコーディングが世界中で絶賛を受けたばかりのロッシーニのオペラ、《ウィリアム・テル》を引っさげての登場に、普段はチョー厳しいロンドンの批評家陣から、演奏に負けないくらい眩い高評が相次ぎました。
これだけ絶賛調が続くのもロンドンでは本当に珍しいのですが、今回はこれらをご紹介させていただきます!

パッパーノが指揮した合唱団とオーケストラ、彼らもまた真のスターだ。ロッシーニが譜面に塗り込めたその土地の色彩を謳歌していた。
アンドリュー・クレメンツ (ザ・ガーディアン紙)


ロッシーニの最後の壮大なオペラ作品《ウィリアム・テル》を、イタリアのローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団・合唱団の演奏と歌で聴く。彼らはこの作品を完全に自分たちのものにしつつ、同時に、今日最も偉大なオペラ指揮者であろうアントニオ・パッパーノの指揮のもとで、実に優雅で、魅力的でエキサイティングな演奏を生み出した。それは、プロムスの開幕ウィークエンドに期待されるべき演奏そのものであった。
エドワード・セッカーソン (ジ・インディペンデント紙)



写真:パッパーノとチェチーリア管の名演が光った「ウィリアム・テル」


パッパーノと彼に率いられたサンタ・チェチーリアの演奏家たちがもたらしたのは、真の興奮だった。その熱のこもった演奏は、ロッシーニのこの大作を通して、一瞬たりとも力が抜けることがなかった。このイタリアの演奏家たちにこそプロムスの開幕ウィークエンドの栄誉を。
リチャード・フェアマン (フィナンシャル・タイムズ紙)


素晴らしい合唱は力強く、アンサンブルとアリアは美しく奏でられる。この演奏はパッパーノと彼の率いるローマの演奏家たちの力を印象付けるものだった。そして彼らは聴衆の期待を裏切らなかった。
ヒューゴ・シャーレイ (ザ・テレグラフ紙)


活気にあふれるローマ・サンタ・チェチーリアのオーケストラと合唱団を得たアントニオ・パッパーノの指揮は独特の威厳をもち、素晴らしいキャストたちは果敢に大作の歌に挑む。私はその一瞬一瞬を堪能した。
リチャード・モリソン (ザ・タイムズ紙)


パッパーノの指揮でサンタ・チェチーリアの評価は跳ね上がった。
ニール・フィッシャー (ザ・タイムズ紙)



昨夜、ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団が疲れを知らないかのように厳しい目を光らせ続けるアントニオ・パッパーノの指揮で聞かせた才気あふれる演奏、特に第一幕の演奏の大部分は、紛れもなく魅惑的だ。
イゴール・トロニ=ラリック (ジ・アート・デスク)



写真:「ウィリアム・テル」を振るパッパーノ


威厳に満ち、生まれながらのリーダーシップをもつアントニオ・パッパーノの指揮によって、ローマを本拠地とするサンタ・チェチーリア管弦楽団が披露した卓越した演奏。力のあるオーケストラをもってすれば困難など魔法のように解決できてしまうことを示した。
アレクサンダー・キャンベル (クラシカル・ソース)


これ以上激しくエキサイティングな演奏はないだろう。序曲のあの有名なパッセージがあまりにも速くて、聴衆は誰一人として体でそのリズムにのろうとできなかったくらいだ。
メラニー・エスカナツィ (ミュージックOMH)



写真:パッパーノに率いられる歌手たち


土曜の《ウィリアム・テル》公演は、この作品がプロムスで初めて上演されたという点で歴史的であり、レコーディングに参加した歌手たちも数人登場した。英国の聴衆たちが、ロッシーニの最後のオペラに対するパッパーノの見事な音楽的解釈を初めて味わったのである。4時間にわたるこのオペラは、ロッシーニが許可するであろうという確信のもと、パッパーノとサンタ・チェチーリア管の手によりごくわずかな部分が削除されている。美しいアリア、デュオ、合唱曲がちりばめられたこのオペラのダイナミックなサウンドを、サンタ・チェチーリア管&合唱団はたっぷりと、的確に演奏し歌い上げた。パッパーノが指揮棒をあげるや否や、聴衆は催眠術をかけられたかのように魅了され、序曲の極めてやさしい幕開けから、暗く劇的な嵐の再現、そして世界的に有名なあの熱狂的な「騎兵隊突撃」シーンにいたるまで、一貫して、サンタ・チェチーリア管&合唱団がロッシーニの作品の真髄を理解していることが示された。

パッパーノとサンタ・チェチーリア管&合唱団の手中で、仏語版のオペラ《ウィリアム・テル》は特異な高いクオリティを与えられ、パッパーノは聴衆からの大きな歓声により何度もステージへと呼び戻された。2011年のプロムスにおける最も記憶にのこる公演のひとつに数えられるだろう。

ローラ・ケイト・ウィルソン (バックトラック)


次回は、「これだけのコンビが初登場なんて遅すぎる!」と、
これまた絶賛された、ザルツブルク音楽祭デビューでの批評をご紹介します。
ご期待下さい!



■アントニオ・パッパーノ(指揮) ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団 【東京公演】
2011年10月5日(水) 19:00 東京/東京オペラシティ コンサートホール
チケットのお申し込みはこちらまで


【ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団 2011年10月 来日ツアー】
アントニオ・パッパーノ(指揮)
ボリス・ベレゾフスキー(ピアノ)

ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団 プロフィール
ボリス・ベレゾフスキー プロフィール

■2011年10月1日(土) 14:00 名古屋/愛知県芸術劇場コンサートホール 【プログラムB】
~第29回名古屋クラシックフェスティヴァル~
【問】中京テレビ事業 052-957-3333

■2011年10月2日(日) 15:00 京都/京都コンサートホール 【プログラムC】
【問】京都コンサートホール 075-711-3090

■2011年10月3日(月) 19:00 東京/NHKホール 【プログラムD】
~NHK音楽祭2011~
【問】NHKプロモーション 03-3468-7736

■2011年10月5日(水) 19:00 東京/東京オペラシティ コンサートホール 【プログラムA】
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■2011年10月6日(木) 19:00 福井/ハーモニーホールふくい 【プログラムE】
【問】ハーモニーホールふくい チケットセンター 0776-38-8282


【プログラムA】
プッチーニ: 交響的前奏曲
ラフマニノフ: ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 op.18 (ピアノ:ボリス・ベレゾフスキー)
  ***
R=コルサコフ: 交響組曲「シェエラザード」 op.35

【プログラムB】
R=コルサコフ: 交響組曲「シェエラザード」 op.35
  ***
チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 op.74 「悲愴」

【プログラムC】
ロッシーニ: オペラ「ウィリアム・テル」序曲
ヴェルディ: オペラ「アイーダ」序曲 (*)/オペラ「運命の力」序曲
  ***
R=コルサコフ: 交響組曲「シェエラザード」 op.35

【プログラムD】
ヴェルディ: オペラ「アイーダ」序曲 (*)
リスト: ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調 (ピアノ:ボリス・ベレゾフスキー)
  ***
チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 op.74 「悲愴」

【プログラムE】
ロッシーニ: オペラ「ウィリアム・テル」序曲
プッチーニ: 交響的前奏曲
ヴェルディ: オペラ「アイーダ」序曲 (*)
  ***
チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 op.74 「悲愴」

(*) ヴェルディのオペラ「アイーダ」では、通常冒頭に「前奏曲」が演奏されますが、
今回の「序曲」は「前奏曲」とは別に作曲された、演奏機会の少ない希少な曲です。


【パッパーノ指揮ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団 関連記事】
注目コンビ・その2―― A.パッパーノ&サンタ・チェチーリア管、発売中 (2011.5.9)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管の演奏動画が見られます! (2011.5.25)
イタリアからの熱き風!サンタ・チェチーリア管が秋の音楽界に旋風を巻き起こす!連載パート1:「"サンタ・チェチーリア"って何?」の巻 (2011.7.21)
伊からの熱き風!~サンタ・チェチーリア管が秋の音楽界に旋風を巻き起こす~ 連載パート2「イタリアの血が歌う、熱血漢パッパーノの魅力」 (2011.8.12)
緊急企画!パッパーノから来日に向けたメッセージが届きました!(その1) (2011.8.26)
緊急企画!パッパーノから来日に向けたメッセージが届きました!(その2) (2011.9.1)
緊急企画!パッパーノから来日に向けたメッセージが届きました!(その3) (2011.9.10)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管、来日直前特別編その1――絶賛の2007年来日 (2011.9.13)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管 来日直前特別編その3 ~サルツブルク音楽祭初登場での賛辞~ (2011.9.26)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管の新譜をEMIサイトで試聴できます! (2011.9.27)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管が挑む「シェエラザード」の魅力をとことん! (2011.9.27)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管 来日直前特別編4 ~地中海芸術の粋~ (2011.9.28)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管 特別編5 ~音楽先進国イタリア~ (2011.9.30)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管 絶好調のリハーサル真っ最中! (2011.10.1)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管来日中!-名古屋公演 (2011.10.2)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管来日中!――京都公演 (2011.10.3)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管来日中!――NHK音楽祭 (2011.10.4)
万事快調のベレゾフスキー&パッパーノ&チェチーリア管、今晩いよいよオペラシティ公演! (2011.10.5)
PAGEUP