NEWSニュース

2011/11/21 |

★愛すべき美味しい音色――パリ管来日中!その2(横浜公演)

ちょっとアップが遅くなってしまいましたが、パリ管公演2日目。
日曜日の横浜みなとみらいホールでの公演レポートです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

パリ管弦楽団、横浜みなとみらいホールでの公演が終わりました!

オープニングは、昨年このコンビでの初CDがリリースされたことが記憶に新しい、ビゼーの「交響曲 ハ長調」。
とっても"粋"な演奏で、フランスの軽さのみならず、厚みも兼ね備え、しかも難しいパッセージもものの見事にこなしてしまうパリ管の力量に、世界最高レベルのオーケストラである所以を感じます。

次のドビュッシー「クラリネットと管弦楽のためのラプソディ」という演奏機会の珍しい曲でソロを担当したのは、首席クラリネット奏者のパスカル・モラゲス。

パリ管の団員であり世界的なソリストでもあるパスカルは、高い技術とエスプリをふんだんに効かせた圧倒的な演奏を披露。
「クラリネットってこんなにも歌うのか!」という演奏に、スタッフ一同度肝を抜かれました。それにしてもフランス流ビブラートと、とろけるような美音、たまりませんでした。


さて、後半はパリ管の十八番中の十八番、
これまで数々の名だたる指揮者との名演で世界を沸かせてきたベルリオーズ「幻想交響曲」!
フランクの交響曲などと並んで、パリ管といえばこの曲、この曲といえばパリ管でしょう。

往年の大指揮者シャルル・ミュンシュとの名盤を彷彿とさせるパッションや、長年にわたって築かれてきたアイデンティティが随所に感じられ、
「そう、これこそがパリ管の『幻想』だ!」という本家本元の技を魅せてくれました。
さらに新時代のシェフ、パーヴォ・ヤルヴィらしいスパイスをしっかりと効かせた演奏に、お客様も大満足の様子。
「幻想交響曲」はこのオケの十八番である分、多分メンバーの「この曲はこうだぜっ」というプライドも強いと思うのですが、その名門オケの演奏に自分の「幻想」へのコンセプトをしっかりと刻印する(説得できた)というのは、パーヴォの並々ならぬ才能とカリスマの証みたいなものだよなーと、自分も感心していました。

そうして第5楽章、最後には、双方のパッションが大爆発!(パーヴォはツアー・プログラム冊子の中でこれを「引火」だと語っていますね)
圧倒的な迫力の演奏で会場を沸かせました。


さてここで、バックステージ紹介♪
お越しいただいたお客様はご覧になったと思いますが、第3楽章「野の風景」のオーボエとコールアングレによる対話では、
ステージ上のコールアングレに、2Fホワイエから(!)オーボエが応答するという試みがありました(さすがパーヴォ!)
しかしながら今日はマチネ。昨日の嵐が嘘のように晴れていた横浜は、太陽光がサンサンと客席に降り注いでしまうのではないか?!
ということで、急遽光よけにこんなものを用意致しました↓





また、演奏中のため写真は撮れませんでしたが、第5楽章のキーポイントになる"鐘"、「どこで演奏しているんだろう」と思った方もいらっしゃるかも知れません。
今回は、舞台裏・下手袖で演奏していました!(ステージ左側、指揮者の入ってくるところ辺りですね)
当然ステージが見られる場所ではないので、特設モニターに指揮をしている姿をライヴでを映し、それに合わせて叩くというプロフェッショナルの技なのです。
しかもと~ってもよく響くので、舞台裏にいた団員やスタッフは皆耳を抑えながらも、興味津々でした。それにしても響きます。カーンカーン...頭が震えそうです。

ベルリオーズがこの曲に仕掛けた魔法を、パーヴォが紐解き具体化していく様子に、どんどん応えるパリ管。とってもいい関係が築いている雰囲気が伝わってきました。

「幻想交響曲」は京都、宮崎、26日東京サントリーホールでも演奏される予定です。ツアーの中でこの先どういった変貌を遂げていくのか、楽しみです!

オーケストラが舞台裏に戻った後もお客様からの拍手が続き、パーヴォが再びステージに呼び戻されるという嬉しい出来事もありました。(これが話に聞く、一般参賀というヤツ?)

フランス髄一の最高級オーケストラと若き巨匠との注目コンビ、こうして日本でも大旋風を巻き起こしております!

(ところで、先日のNHK音楽祭でのパリ管公演は、早くも(東京公演初日である)11月26日(土)の23時30分からNHK-BSプレミアムでオンエア予定です!)



【パリ管弦楽団 2011年11月 来日ツアー】

パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)
諏訪内晶子(ヴァイオリン)
ダン・タイ・ソン(ピアノ)
ダヴィッド・フレイ(ピアノ)

■2011年11月19日(土) 18:00 東京/NHKホール 【プログラムC】
~NHK音楽祭~
【問】NHKプロモーション 03-3468-7736

■2011年11月20日(日) 14:00 神奈川/横浜みなとみらいホール 【プログラムD】
【問】横浜みなとみらいホール 045-682-2000

■2011年11月22日(火) 19:00 福岡/アクロス福岡 【プログラムE】
【問】アクロス福岡チケットセンター 092-725-9112

■2011年11月23日(水・祝) 15:00 京都/京都コンサートホール 【プログラムF】
~富士電機スーパーコンサート~
【問】京都コンサートホール 075-711-3090

■2011年11月24日(木) 19:00
 宮崎/宮崎県立芸術劇場(メディキット県民文化センター)アイザックスターンホール 【プログラムA】
【問】宮崎県立芸術劇場チケットセンター 0985-28-7766

■2011年11月26日(土) 18:00 東京/サントリーホール 【プログラムA】
~富士電機スーパーコンサート~
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■2011年11月27日(日) 14:00 東京/サントリーホール 【プログラムB】
~富士電機スーパーコンサート~
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960


【プログラムA】
ウェーバー: オペラ「魔弾の射手」序曲
メンデルスゾーン: ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64 (ヴァイオリン: 諏訪内 晶子)
ベルリオーズ: 幻想交響曲 op.14

【プログラムB】
メシアン: 忘れられた捧げ物
ラヴェル: ピアノ協奏曲 ト長調 (ピアノ: ダヴィッド・フレイ)
ストラヴィンスキー: バレエ「ペトルーシュカ」

【プログラムC】
メシアン: 忘れられた捧げ物
シューマン: ピアノ協奏曲イ短調 op.54 (ピアノ:ダン・タイ・ソン)
ストラヴィンスキー: バレエ「ペトルーシュカ」

【プログラムD】
ビゼー: 交響曲 ハ長調
ドビュッシー: クラリネットと管弦楽のための狂詩曲第1番
ベルリオーズ: 幻想交響曲 op.14

【プログラムE】
ビゼー: 交響曲 ハ長調
ドビュッシー: クラリネットと管弦楽のための狂詩曲第1番
ストラヴィンスキー: バレエ「ペトルーシュカ」

【プログラムF】
メシアン: 忘れられた捧げ物
ラヴェル: ピアノ協奏曲 ト長調 (ピアノ: ダヴィッド・フレイ)
ベルリオーズ: 幻想交響曲 op.14

PAGEUP