NEWSニュース

2011/10/04 |

★パッパーノ&サンタ・チェチーリア管来日中!――NHK音楽祭

今朝、NHKホールでのサンタ・チェチーリア管のゲネプロに立ち会っている若手スタッフからメールがきました。
「ハプニング・・・というか変わったことを練習でやっています。ヒントはチリンチリンです」という内容。
なんだこりゃ?と思いましたが、今日のNHK音楽祭本番を聴いてナゾが解けました。
そのことについては、後ほど・・・。




今日会場に行ったのは、昨日までレポを書いていた若い元気スタッフから代わり、
ちょっと年配の先輩です。

鞍上(あんじょう)人なく、鞍下(あんか)馬なし。

鞍の上の人と、下の馬が一体となって走る様子を表した言葉ですが、
泉のわき出る如く、時には雷鳴一閃、音楽が自然にほとばしるパッパーノの指揮に
ごくごく自然に、そして勢いよく反応するサンタ・チェチーリア管の演奏を聴きながら、
こんな古い言い方を思い出してしまいました。

しかし何度聴いても、とにかくどこをとっても「歌」に充ちたカンタービレと
独特の音色・・・甘く艶やかで分厚く、熱い感触を持った弦楽器、一人一人ソリスティックな木管楽器(クラリネットのカルボナーレさん、素晴らしい!)、
特に金管楽器でしょうかね、他のどのオーケストラからも聴いたことのないドスの利いた鋭さと華やかさで青空を切り裂くような、際立った存在感があります。
あの広大なNHKホールの空間にたくさんの色をもった音の塔が立つのは、実に壮麗な感じでした。

「歌」「カンタービレ」がとにかく魅力で!と言うと、
もしかすると歌いっぱなしでのっぺりでだらしないんじゃ・・・と悪い想像をしてしまう方がいるかもしれませんが、それはちょっと違ってて、
これは彼らの本能、一流アーティストに備わっているものだとしか言いようがないのでしょうけど、フレージングがとてもきちっとしています。豊かなカンタービレできれいなフレージングをし、その積み重ねで全体が非常に美しい形になってくる。
形から入るのではなく、あくまで彼らの熱さを孕んだ歌が主体となって造型されていく形の美しさです。やろうと意識しなくても自然にそうなるのでしょう。やっぱりイタリア人というのは音楽家でも基本、彫塑的なのだな、と痛感。
チャイコフスキー「悲愴交響曲」の第1楽章のあの有名なすすりなく名メロディや、
第2楽章の4分の5拍子の洗練された舞曲風メロディに、そんな彼らの美質が最高に生きていて、熱血なのに均衡を失わず、品格すら漂っていました。

それから昨日でしたか、弊社若手スタッフが言っていた「惜しげのない表現」。
なにせ痛快なくらい思い切りがよく、それが最大限思い切っているのに絶対崩れないところでギリギリ寸止めとなるのが、いや、センスだな、とこれまた羨望。ちょっと考えられないくらいの、幅広いなんてもんじゃない、巨大な表現力には恐れ入ります。
同じく「悲愴交響曲」の第3楽章、第4楽章はその絶頂。
スケルツォ楽章はテンションMAXの、まるで謝肉祭のようで、
突然のフォルティシモ、スビト・ピアノの出現や、
猛烈な弦楽アンサンブルの中から、突如攻撃的にヴィオラが内声を歌いだしたり、コントラバスやティンパニが地面を割るようにズオッと轟いたり、
重力から完全に解放された如く、各セクションの音たちが強力な統率と自由さを両立させて饗宴するさまはなんと形容してよいやら。
あっ、ここで拍手出てしまいましたけど、私も実はしたかったです。

そして第4楽章の暗い(音色は明るめだけど)慟哭の歌。これもセンチメンタルな感傷に落ちるのではなくて、あくまで彫刻的な連なりをみせながら、そしてここぞとばかり彼らの「歌う」能力を全開にしてみせる・・・。この暗く沈んだフィナーレと、その前の輝かしく騒々しいスケルツォのコントラストは作曲者自身が意図したものにせよ、
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管の個性が、曲に独自の新しい価値を生んでいたのではないかと思います。これもイタリアの建築なんかに見られる「光と影」のコントラストに通じる・・・。

結局は彼らの持つ「文化」の凄みなんだなと思うのです、こういうのは。本当に圧倒されます。

さて、前半のリスト「ピアノ協奏曲第1番」で共演したボリス・ベレゾフスキーの剛腕ヴィルトゥオーゾぶりを忘れてはいけません。
冒頭のアコードから物凄い強靭な音をぶっ放し、オーケストラの分厚い音をも蹴散らすような弾きっぷりでしたが、終わって印象に残るのは、むしろインティメートな静かな部分でのとっても清冽できれいな音の方でした。
アンコールでもサン=サーンス「白鳥」(ゴドフスキ編)とチャイコフスキー「四季」から「10月」を弾いたのですが、この繊細な弱音が心に沁みるいい演奏でした。
10月7日の東京オペラシティでのリサイタルで弾く、メトネルの「おとぎ話」などがこの音からすると、とても楽しみです。もちろんヴィルトゥオーゾの面目躍如のリスト「超絶技巧練習曲集」全曲もですが!

そしてこういうコンチェルトとなると、サンタ・チェチーリア管は、まるでオペラでオケ・ピットに入って歌手と合わせるような絶妙な合わせ方をし出します。これが面白かった・・・今度の10月5日オペラシティでの、今度はラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」はどうなるのでしょう?期待期待。

それで最初に書いたことを忘れてました。「チリンチリン」のナゾ。
リストの協奏曲でトライアングルが出てくるのですが、この楽器の音がかなり強く響いているのに、奏者がどこにいるか見えないのですね。
私を含め、結構周りのお客さんもどこ?どこ?と首を動かしていましたが、
しばらくしたら、トライアングルのお兄さん、なんとヴァイオリンの第2プルトの外側・・・だから指揮者の横というか、コンマスのすぐ後ろというか、しかも一列目のお客さんのすぐ前にいたのです。
逆にヴァイオリン・パートの一部みたいになって見えなかった・・・。

ところで最後になりますが、オーケストラの配置は第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンを対置させ、チェロ、コントラバスが第1ヴァイオリンの横から後ろにいる、いわゆる対向配置でした。

NHK-FMの生放送を聴いていらっしゃった方はどんな感想をお持ちでしょうか?

ところで今日のアンコールは、プッチーニのオペラ「マノン・レスコー」間奏曲と、
ポンキエッリのオペラ「ジョコンダ」から「時の踊り」でした。

では、10月5日の東京オペラシティの公演、
たくさんの方々とこのコンビの音楽の素晴らしさを分かち合いたいと思っています。ぜひ聴きに来て下さい!


■アントニオ・パッパーノ(指揮) ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団 【東京公演】
2011年10月5日(水) 19:00 東京/東京オペラシティ コンサートホール
チケットのお申し込みはこちらまで

プッチーニ: 交響的前奏曲
ラフマニノフ: ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 op.18 (ピアノ:ボリス・ベレゾフスキー)
  ***
R=コルサコフ: 交響組曲「シェエラザード」 op.35


【パッパーノ指揮ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団 関連記事】
注目コンビ・その2―― A.パッパーノ&サンタ・チェチーリア管、発売中 (2011.5.9)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管の演奏動画が見られます! (2011.5.25)
イタリアからの熱き風!サンタ・チェチーリア管が秋の音楽界に旋風を巻き起こす!連載パート1:「"サンタ・チェチーリア"って何?」の巻 (2011.7.21)
伊からの熱き風!~サンタ・チェチーリア管が秋の音楽界に旋風を巻き起こす~ 連載パート2「イタリアの血が歌う、熱血漢パッパーノの魅力」 (2011.8.12)
緊急企画!パッパーノから来日に向けたメッセージが届きました!(その1) (2011.8.26)
緊急企画!パッパーノから来日に向けたメッセージが届きました!(その2) (2011.9.1)
緊急企画!パッパーノから来日に向けたメッセージが届きました!(その3) (2011.9.10)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管、来日直前特別編その1――絶賛の2007年来日 (2011.9.13)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管 来日直前特別編その2―― 今夏ロンドン・プロムスでの絶賛 (2011.9.23)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管 来日直前特別編その3 ~サルツブルク音楽祭初登場での賛辞~ (2011.9.26)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管の新譜をEMIサイトで試聴できます! (2011.9.27)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管が挑む「シェエラザード」の魅力をとことん! (2011.9.27)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管 来日直前特別編4 ~地中海芸術の粋~ (2011.9.28)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管 特別編5 ~音楽先進国イタリア~ (2011.9.30)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管 絶好調のリハーサル真っ最中! (2011.10.1)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管来日中!-名古屋公演 (2011.10.2)
パッパーノ&サンタ・チェチーリア管来日中!――京都公演 (2011.10.3)
万事快調のベレゾフスキー&パッパーノ&チェチーリア管、今晩いよいよオペラシティ公演! (2011.10.5)
PAGEUP