NEWSニュース

2009/12/01 |

★竹澤恭子デビュー20周年記念ツアー開始!


名実ともにわが国を代表するヴァイオリニスト、竹澤恭子がデビュー20年・・・。
本当に早いものですね。
この間、たくさんの目覚しい才能を持ったヴァイオリニストたちが出てきましたが、
これだけのキャリア、共演歴・・・シカゴ響、ボストン響、フィラデルフィア管、ニューヨーク・フィル等のアメリカ・メジャー・オーケストラをはじめ、ロンドン響、パリ管、コンセルトヘボウ管、バイエルン放送響などと定期的に何度も共演し、
(来年1月にもシカゴ響の定期公演に出演します)
指揮者もメータ、C.デイヴィス、M.T.トーマス、デュトワの大指揮者らに頻繁に起用され、さらには名門RCAレーベルからこれらの指揮者・オーケストラとともにCDもリリース・・・
早くからこれだけ華々しい国際的な活躍を見せていたヴァイオリニストは、竹澤と五嶋みどりが双璧ではないでしょうか?

さて、この「20周年記念」ツアーは2年前から3回に分けて始まりましたが、今回で最終回。
11月30日、地元である愛知県は名古屋からスタートです。

今回共演するピアニストは、誰もが世界屈指の室内楽ピアニストと賞賛するイタマール・ゴラン。そして曲目はブラームスのヴァイオリン・ソナタ全3曲です。
彼女のいつもながらの堂々たる演奏に、愛知県芸術劇場コンサートホールに集まったたくさんの聴衆は、改めて、この舞台に立っているヴァイオリニストこそ日々精進し続けている、完全な国際的アーティストであることを確信しただろうと思います。

このブラームスのソナタ全曲、このツアーに合わせてCDがソニー(BMG)からリリースされ、更なるステップ・アップとなりそうです。

このレコーディング、今回のツアーと同じくゴランと共演していますが、この写真を見ても、実にリラックスした雰囲気ですね。さすが達人たちの余裕













東京公演は、いよいよ12月5日(土)7時からサントリーホールで行われます。
皆様もぜひ、この素晴らしきヴァイオリニストの記念コンサートをお聴きになりませんか?
たくさんの方々のご来場、お待ちしております!


チケットのお申し込みはこちらまで

竹澤 恭子 プロフィール


なお、12月4日(金)22時30分から
NHK教育テレビ「芸術劇場」でピアノの巨匠、レオン・フライシャーの特集がありますが、竹澤恭子はそのコメンテーターとして出演します。
こちらもどうぞご覧下さい。

NHK 「芸術劇場」 公式サイト



【関連情報】
・ 竹澤恭子デビュー20周年シリーズ III ツアー日程
・ ヴァイオリン:竹澤恭子デビュー20年の重み! (クラシック・ニュース 2009.11.28)
・ 竹澤恭子 インタビュー (クラシック・ニュース)

PAGEUP