NEWSニュース

2019/09/20 | KAJIMOTO音楽日記

●トゥガン・ソヒエフ、ベルリン・フィル伝統のワルトビューネ・コンサートを指揮!――その模様が9/22(日)NHK-Eテレ「クラシック音楽館」でオンエアされます




ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が毎年6月にベルリン郊外ワルトビューネで行う野外演奏会。その伝統ある公演にトゥガン・ソヒエフが登場しました!
ラトルやバレンボイムはもちろん、ケント・ナガノや小澤征爾、最近では若手も登場しドゥダメルやネゼ=セガンが指揮していますが、ソヒエフは今回初の指揮。
プロコフィエフの「キージェ中尉」や「ロメオとジュリエット」、チャイコフスキー「白鳥の湖」など十八番のロシア作品を中心に披露し、輝かしく色彩豊かな演奏で大観衆を興奮の渦に!

NHK-BSで一度放送していますが、地上波では初放映。
ぜひ多くの方々に観て、聴いていただければ嬉しいです。

(放送情報)
https://www4.nhk.or.jp/ongakukan/x/2019-09-22/31/31512/2039159/

トゥガン・ソヒエフ指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

(曲目)
プロコフィエフ: 組曲「キージェ中尉」
ラヴェル: 歌曲集「シェエラザード」 (メゾ・ソプラノ: マリアンヌ・クレバッサ)
プロコフィエフ: バレエ「ロメオとジュリエット」組曲(ソヒエフ編)
エルガー: 愛の挨拶
ドヴォルザーク: スラヴ舞曲第1番 op.46-1
パウル・リンケ: 「ベルリンの風」

(2019年6月28、29日 ベルリン・ワルトビューネ野外音楽堂)

*このあとの「コンサートα」のコーナーでは、ソヒエフがNHK交響楽団を2016年1月30日に指揮した公演から一部が放映されます。

トゥガン・ソヒエフ指揮
NHK交響楽団


(曲目)
チャイコフスキー: バレエ「白鳥の湖」から
             第3幕から マズルカ
             第4幕から 情景
             第4幕から 情景・終曲

               (2016年1月20日 サントリーホール)


ソヒエフは今秋10月にN響定期公演に客演します。そして2020年10月には、今度はパリ管弦楽団と来日公演を予定しており、フランス作品やショスタコーヴィチの交響曲などを指揮する予定です。

ボリショイ劇場とトゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団の芸術監督を務めながら、世界超一流のオーケストラに客演を続ける若き名匠に、どうぞこれからも注目ください!
 

PAGEUP