NEWSニュース

2017/01/26 | KAJIMOTO音楽日記

●ハオチェン・チャン、BISレーベルより本格的CDデビュー!


世界が注目する中国の若きライジング・サン、ピアニストのハオチェン・チャンが北欧の雄、質の高い演奏を続々とリリースすることでかねてから有名なBISレーベルより、本格的デビュー・ディスクをリリースすることが決定いたしました。日本では1月26日(木)から店頭に並びます。

収録曲目は・・・
シューマン:子供の情景 Op.15
リスト:バラード第2番 ロ短調 S.171
ヤナーチェク:ピアノ・ソナタ 変ホ長調「1905年10月1日、街頭にて」
ブラームス:3つの間奏曲 Op.117

また6月には2年ぶりの来日公演が決定しています。合わせてどうぞご注目ください!






品番:BIS SA-2238
形態:SACD Hybrid
録音情報など:DSD 5.0 Surround sound マルチチャンネル
セッション録音:2016年2月/ノイマルクト

収録内容紹介:(キングインターナショナル
注目の選曲はシューマンの子供の情景にはじまり、リストのバラード第2番、ヤナーチェクのピアノ・ソナタ第1番「1905年10月1日、街頭にて」、そしてブラームスの3つの間奏曲という充実の構成。テクニックを前面に押し出すピアニスト若手が多い中、ハオチェン・チャンは既に成熟した音楽を紡ぎだしております。ヤナーチェクのピアノ・ソナタは、チェコ人のための大学創設を請願したデモに参加して殺された労働者を悼む作品で、10月1日はその日付です。3楽章の作品でしたが、紛失により2楽章の作品として残されました。詩的な表現力と卓越したハオチェン・チャンならではのこの選曲は若手にして既に成熟した音楽性の証明と言え、2015年6月の来日公演でも披露し絶賛されております。無限の可能性を感じさせる大型新人の演奏をお楽しみください。


●ハオチェン・チャン 6月来日公演
2017年6月8日 (木) 19:00 開演 (18:30 開場)
会場:紀尾井ホール
料金:全指定席¥5,000 プラチナ券¥10,000

●ハオチェン・チャン(ピアノ)プロフィール
 

PAGEUP