NEWSニュース

2016/12/02 | KAJIMOTO音楽日記

●急遽決定!カルメン・マキ、「武満徹の映画音楽」にゲスト出演!!


12月21日にBunkamuraオーチャードホールで開催する「武満徹の映画音楽」に、伝説の歌姫カルメン・マキの出演が、急きょ決定致しました!!
カルメン・マキ……ある世代以上の方々は良くご存知の名歌手ですが、若い方のために簡単に紹介しますと……父方の祖父はアイルランド人、祖母はユダヤ系ポーランド人、母は日本人。寺山修司の劇団「天井桟敷」などを経て歌手に。10代から妖艶で哀愁のある雰囲気と歌唱が話題を呼び、紅白歌合戦にも出場するなど、特に1970年代は一世を風靡しました。

さて、武満とは無二の親友だった、共作も数多い詩人が谷川俊太郎。谷川が出演した先月放送のテレビ朝日「題名のない音楽会」放送以来、静かな話題となったのが、ベトナム戦争の際に書かれた歌、武満徹作曲/谷川俊太郎作詞「死んだ男の残したものは」です。この歌に、ひとかたならぬ想いを持つカルメン・マキが、スペシャル・ゲストとして参加し、素敵な歌声を披露します。
また、貴重な自筆譜や映画ポスターのロビー展示も予定しています。
どうぞみなさんご期待ください。





<没後20年 武満徹の映画音楽>  ●お申し込み
2016年12月21日(水) 19:00開演
オーチャードホール

(出演)
ギター: 渡辺香津美
アコーディオン: coba
ギター: 鈴木大介
パーカッション: ヤヒロトモヒロ

全席指定¥6,500

(プログラム)
「フォリオス」より 第1曲
不良少年(羽仁進監督)
伊豆の踊子(恩地日出夫監督)
どですかでん(黒澤明監督)
日本の青春(小林正樹監督)
太平洋ひとりぼっち(市川崑監督)
Tribute to Toru
ホゼー・トレス(勅使河原宏監督)
狂った果実(中平康監督)
最後の審判(堀川弘通監督)
他人の顔(勅使河原宏監督)
写楽(篠田正浩監督)

【一般発売】6/18(土) 10:00  ●お申し込み
 

PAGEUP