NEWSニュース

2014/02/03 | KAJIMOTO音楽日記

●ゲヴァントハウス管と「ショスタコーヴィチ」の“甘い関係”

先週は4回にわたる連載で、シャイー&ゲヴァントハウス管弦楽団(LGO)とマーラーの関係にスポットライトを当てましたが、本日はLGOと「ショスタコーヴィチ」の、これまた“甘い関係”について、少し触れておきたいと思います。

といいますのも、来る3月のシャイー&LGOの日本ツアーの曲目を見て、多くの方が口をそろえて不思議そうにつぶやくのが、「なんでゲヴァントハウス管がショスタコ5番なんですか??」という言葉。



もちろん、ツアープログラムの選曲に必ずしも確固たる理由がある必要は無い、というのも事実なわけですが、実はショスタコーヴィチは、LGOの歴史にとって非常に重要な作曲家です。・・・といいますか、ショスタコーヴィチの作品の受容に、LGOは大昔から重要な役割を果たしてきたのです。

シャイー自身、今回の日本ツアーのプログラムが「“音楽の街ライプツィヒ”が誇る輝かしい遺産」を反映している、と公言しておりますが(「ぶらあぼ」インタビュー)、その詳しい“いきさつ”、しばし語っておこうと思います。

ライプツィヒで初めてショスタコーヴィチ(1906-1975)の作品が演奏されたのは、1929年11月14日(ショスタコーヴィチ、当時まだ20代というピチピチの若さです)。ブルーノ・ワルター指揮LGO による演奏で、曲目は交響曲第1番ハ短調でした。この演奏は、ショスタコーヴィチの存在が国際的に知られるようになる大きなきっかけとなりました。



その後も、LGO はショスタコーヴィチの交響曲第8番(1946)、第10番(1954)、第13番(1974)をドイツ初演。さらにショスタコーヴィチの室内交響曲 ハ短調 Op. 110a が世界初演されたのは、1968年、ゲヴァントハウスにおいてでした。

そして、70年代。世界から注目を浴びた、LGOによる歴史的な“ショスタコーヴィチ・ツィクルス”が行われます――1976年から78年のシーズンにかけて続いたこのツィクルスは、ショスタコーヴィチの「生誕70年」(=1976年)を祝うべくスタートし、その交響曲のみならず、彼の代表作が多数演奏されました。

そのツィクルスの“内訳”ですが・・・全20公演。うち17公演で指揮を務めたのが、当時LGOのカペルマイスターであったクルト・マズアでした。ツィクルスでは、ショスタコーヴィチの作品に、ベートーヴェンの全9曲の交響曲が組み合わされ、ベートーヴェンの没後150年(1977年)が同時に祝われています。ベートーヴェンも、LGOとは切っても切れない間柄(この“甘い関係”についてはまたの機会に語らせてください)。いやはや、壮大なプロジェクトだったのですね。

このLGOによるプロジェクトは、世界で初めて行われた“ショスタコーヴィチ・ツィクルス”とされ、ショスタコーヴィチの国際的なステータスを確立した音楽史上の重要な出来事として評価されています(しかもこのプロジェクトは、彼の死の翌年=1976年に開始しているのです)。

彼の交響作品がまだ多くの一流オーケストラのレパートリーに含まれていなかった当時の状況を想像すると、LGO/マエストロ・マズアのショスタコーヴィチ作品の演奏史への貢献度は、相当大きなものだったことに気づかされます。

・・・というわけで、本日は“シャイーとLGOが「ショスタコの5番」を携えて意気込んで日本にやって来る理由”を、ご説明しました。音楽史が好きな方、なんだかわくわくしませんか?




<ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 2014年ツアースケジュール>

指揮: リッカルド・シャイー
ピアノ: ネルソン・フレイレ(3/17)
ヴァイオリン: 五嶋みどり(3/18、19、21)

■2014年 3月17日(月) 19:00/東京 東京オペラシティ 【プログラムA】
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■2014年 3月18日(火) 19:00/川崎 ミューザ川崎シンフォニーホール 【プログラムB】
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■2014年 3月19日(水) 19:00/大阪 フェスティバルホール 【プログラムB】
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960
*フェスティバルホール オープニングシリーズ

■2014年 3月21日(金・祝) 18:00/東京 サントリーホール 【プログラムB】 ※完売
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■2014年 3月22日(土) 17:00/京都 京都コンサートホール 【プログラムC】
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■2014年 3月23日(日) 18:00/東京 サントリーホール 【プログラムC】
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960


【プログラムA】
メンデルスゾーン: 序曲「ルイ・ブラス」op.95
ベートーヴェン: ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 op.73 「皇帝」 (ピアノ:ネルソン・フレイレ)
        * * *
ショスタコーヴィチ: 交響曲第5番 ニ短調 op.47

【プログラムB】
メンデルスゾーン: 序曲「ルイ・ブラス」op.95
メンデルスゾーン: ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64 (ヴァイオリン:五嶋みどり)
     * * *
ショスタコーヴィチ: 交響曲第5番 ニ短調 op.47

【プログラムC】
マーラー: 交響曲第7番 ホ短調 「夜の歌」

PAGEUP