NEWSニュース

2012/04/18 | KAJIMOTO音楽日記

●LSOブラス・クインテット来日迫る! コラムVo.4「ブラスの原点。そしてLSOBQ」


広島での初公演の様子は先日レポートしましたが、いよいよ明日、ロンドン交響楽団ブラス・クインテットが東京公演を迎えます!
続いて今日は新宿区立落合第一小学校にてワークショップを行いました。子供たちは手拍子をしたり指揮をしたりと全身で楽しんでいたようです。きっと素敵な思い出として残ったことでしょう!




さて、ご好評をいただいておりました(?)この連載も今回が最後となります。
最後のテーマは「ブラスの原点、救世軍。そしてLSOブラス・クインテットの魅力」。
もうすでにチケットをご購入になった方、これからお買い求めになる方(まだ間に合います!)さあ最後の予習を始めましょう!

~「ブラスの原点、救世軍」~
救世軍・・・どこの軍隊?!と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、
その正体はイギリスに本部を置く「キリスト教伝道と社会福祉の活動団体」キリスト教プロテスタント系の団体で、英国式ブラス・バンドを語るには外せない存在です。
街頭でラッパ片手に募金活動をされている方々をご覧になったことはありませんか?
実は彼らの持つブラス・バンドが英国式ブラス・バンドの発祥とされています。
募金をするとき一緒に演奏していたラッパが、集まりバンドに。さらに労働者の息抜きに発展。「英国式ブラス・バンド」が誕生したのですね。






~そして「LSOブラス・クインテット」へ~
この流れからイギリスは世界最大のブラス・アンサンブル大国となります。その代表が前回のブログで特集した「フィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブル」。



まさに金管アンサンブルの礎を築いたといっても過言ではなく、
編成も変幻自在。基本的に金管十重奏ですが、金管三重奏、四重奏、五重奏も紹介されました。
実は今回出演するテューバのパトリック・ハリルドもこのフィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブルでも活躍した一人。LSOブラスは、イギリスにおけるブラスの伝統を今に伝えているのですね。

LSOブラス・クインテットの魅力。それはなんといっても母体のLSOにあるようなクラシック作品から映画音楽まで、全てのジャンルを一流に演奏する柔軟性ではないでしょうか。
勝手な推測ですが、英国式ブラスバンドは、非常に高いテクニックを要するのと同時に様々なジャンルに通ず幅広い音楽性が要求されます。それはずっとクラシックばかりやってきた人が突如として出来る訳でも、ジャズをやってきた人がサラサラ吹けてしまう、ということではありません。ブラス・バンドを通し、おのずと鍛えられてきたのかもしれませんね。

名門オーケストラとして、世界のクラシック音楽界を牽引するLSO。
幅広い作曲家の楽曲を、柔軟に、堅実に、そして絶品に料理する。まさに“一流”オーケストラですが、その名を轟かせながらも、幅広いジャンルへの挑戦を忘れません。
そのLSOの魅力はブラス・クインテットに凝縮され、いよいよ明日、浜離宮朝日ホールにやってきます!ぜひ、会場でお待ちしております。


■2012年4月19日(木) 19:00開演 浜離宮朝日ホール
  ロンドン交響楽団ブラス・クインテット

 → チケットのお申し込みはこちら


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ここからは番外編!興味が湧いた方、ぜひ読んでみてくださいね。

~イギリスの誇る素晴らしき伝統「英国式ブラス・バンド」~

LSOブラスをもうひと味エッセンスを加え、楽しんで頂くために・・
「英国式ブラス・バンド」という言葉は、この連載でも何度か登場してきましたが、その英国式ブラス・バンドが一気に身近になるおススメ映画をご紹介します!

映画「ブラス!」



脚本と監督はマーク・ハーマン。1996年の作品。
出演は、スターウォーズのオビ=ワン・ケノービ役などで知られるユアン・マクレガー、昨年惜しくもその人生に幕を閉じたピート・ポスルスウェイトなどのイギリス映画です。

舞台は1990年のイギリスはヨークシャー。主役はかつて栄光を築いた炭鉱従業員によるブラス・バンド「グリムリー・コリアリー・バンド」。
閉鎖の危機を受ける炭鉱とそれに翻弄されながらも、音楽の力を信じた団員達の実話に基づく感動的な人間ドラマになっています。・・・皆様今夜観る映画は決まりデスネ!

この映画は実在する英国式ブラス・バンドの代表格の一つ「グライムソープ・コリアリー・バンド」http://www.grimethorpeband.com/がモデルになっています。
実はこのバンド、映画と同様に炭鉱で働く従業員のクラブ活動から発展したバンド(!)、かの有名なロイヤル・アルバート・ホールで行われる全英ブラスバンド選手権にて伝説的な演奏を残し、堂々の第1位を獲得。また、ブラスバンドとして初めて世界最大級の音楽祭BBCプロムスに参加した経歴があります。
さて、この映画でバンド団員達が目指している「全英ブラス・バンド選手権」とは、イギリス各地区のブラス・バンドを代表して、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールに集まった強豪揃いが全英の一位を決める、という選手権のことです。

特徴はとにかく圧倒される程の高度な技術と演奏水準の高さ。驚くべきことに、(一部にはプロ奏者をメンバーに持つバンドもありますが)彼らは基本的にプロではなくアマチュアとして活躍しているのです!その他にもヨーロピアン・チャンピオンシップや全英オープンなどの大会が開かれています。
ちなみに、この英国式ブラス・バンド、とっても特徴的なヴィブラートをかける伝統でも有名です。興味のある方はぜひ耳を澄ませて聴いてみては。
ご参考:ブラック・ダイク・ブラス・バンドの演奏様子 You Tube URL
http://www.youtube.com/watch?v=u0x9n2svGwk
PAGEUP