NEWSニュース

2011/03/02 | KAJIMOTO音楽日記

●祝・初来日から50年!ゲヴァントハウス管 Vol.7 ~仏パリ公演に潜入! 前編

初来日から50周年記念ということでお騒がせしてきた本連載も残すところあと少し。シャイー&ゲヴァントハウス管は無事日本へ到着し、3月4日・5日の東京公演にむけ準備万端です。2月28日(月)、実はシャイー率いるゲヴァントハウス管は、カヴァコスを迎えて一足早く、フランスはパリの「サル・プレイエル」で公演を行いました。
KAJIMOTOパリ・オフィス(ツイッター@Kajimoto_Newsでは時々、話題にしております)のスタッフがこの公演を訪れ、体当たり?突撃取材を行いましたのでご紹介していきます。団員たちの写真やインタビューも満載ですので最後までお付き合いください!

***

この日のプログラムは、東京公演と同じ「オール・ドヴォルザーク・プロ」。ゲヴァントハウス管とあって会場は満杯です!(3階席のひとたち、急なので気をつけて~!)



公演直前のサル・プレイエルの様子


こちらがこの日に配布されたプログラムと入場券。アーティスティックな表紙です。さすがは芸術の都パリ。




そして本番前に念入りに楽器に気合をこめる団員。




舞台裏でヴィオラ奏者のMatthias Weisseを発見したので、突撃インタビュー。「もうすぐ日本へ出発ですね!楽しみですか?」

Matthias Weisse:
楽しみです!様々なオーケストラのメンバーとして何度も日本を訪れたことがあります。ゲヴァントハウス管以外にも、ライプツィヒ室内オケなどなど。14回か15回くらいは来日していますよ。
日本の方々はフレンドリーでやさしいので大好き。それにコンサート中の日本の聴衆の方々の集中力や静寂にはいつも驚かされます-心の底から音楽を堪能してくださるというイメージです。
日本での最も印象深い思い出は、なんといっても、ゲヴァントハウス管のメンバーたちと富士山に登ったこと。すごく綺麗な眺めでした!!





Matthias Weisse, Viola


(ゲヴァントハウス管 Vol.7 ~仏パリ公演に潜入!後編へ続く)


シャイー指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 東京公演



ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 プロフィール
リッカルド・シャイー (指揮) プロフィール
レオニダス・カヴァコス (ヴァイオリン) プロフィール


【シャイー&ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 関連記事】
メンデルスゾーン生誕200年記念番組がゲヴァントハウスから表彰! (2010.8.5)
シャイー&ゲヴァントハウス管、発売中 (2010.9.24)
祝・初来日から50年!ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 Vol.1 (2011.2.8)
祝・初来日から50年!ライプツィヒ・ゲヴァント管 Vol.2 ~ソリスト、カヴァコスの魅力~ (2011.2.13)
祝・初来日から50年!ゲヴァントハウス管 Vol.3 ~チャレンジを続ける「世界最古のシンフォニー・オケ」~ (2011.2.15)
祝・初来日から50年!ゲヴァントハウス管 Vol.4 ~2/18(金)のライプツィヒ公演をネットで生中継!~ (2011.2.16)
祝・初来日から50年!ゲヴァントハウス管:番外編~Happy Birthday、シャイー!! (2011.2.19)
祝・初来日から50年!ゲヴァントハウス管 Vol.5 ~先日のライプツィヒ公演の批評がとどきました!~ (2011.2.25)
祝・初来日から50年!ゲヴァントハウス管 Vol.6 ~シャイーのインタビューより (2011.3.1)
祝・初来日から50年!ゲヴァントハウス管 Vol.7 ~仏パリ公演に潜入! 後編 (2011.3.3)
PAGEUP