NEWSニュース

2019/11/15 | ニュース

◆チェリスト、ズラトミール・ファングのマネジメントをお引き受けすることとなりました


このたびKAJIMOTOでは、チェリスト、ズラトミール・ファングの日本における演奏活動のマネジメントをお引き受けすることになりました。現在20歳、ジュリアード音楽院在学中のファングは、先日行われた2019年のチャイコフスキー国際コンクールにおいて、史上最年少で優勝(チェロ部門)。アメリカ人として40年ぶりの快挙を果たしました。次世代の音楽界を牽引してゆくだろう若き才能にぜひご注目頂けましたら幸いです。




ズラトミール・ファング(チェロ)
Zlatomir Fung, Cello

2019年のチャイコフスキー国際コンクールにおいて、史上最年少の20歳でチェロ部門第1位に輝く。アメリカ人としては40年ぶりの快挙。その卓越した技巧と表現力は、多くの聴衆に驚きと感動を与えた。すでに次世代のスタープレイヤーとして確固たる地位を築いており、そのレパートリーは、古典から現代曲まで幅広い。父方は中国系、母方はブルガリア系の家庭に生まれ、3歳でチェロを始める。いくつかの音楽学校で学んだあと、学んだ後、現在はKovnerフェローとしてジュリアード音楽院でリチャード・アーロンとティモシー・エディーに師事。2019-2020シーズンは、ソロ・リサイタルに加え、ソリストとして北米各地のオーケストラに招かれ、シューマンとドヴォルザークのチェロ協奏曲、そしてチャイコフスキーのロココ風の主題による変奏曲などを披露する。また室内楽では、ベートーヴェンのチェロとピアノのための作品全曲に取り組む。
 

PAGEUP