NEWSニュース

2019/06/06 | ニュース

◆指揮者・尾高忠明が第49回JXTG音楽賞洋楽部門本賞を受賞




このたび指揮者・尾高忠明(71)が第49回JXTG音楽賞洋楽部門本賞を受賞いたしました。

本賞は、JXTGホールディングス株式会社が1971年に創設して以来、約半世紀にわたり、わが国の音楽文化の発展に大きな業績を上げた個人、または団体を顕彰するものです。

受賞理由は以下の通りです。

指揮者は70代からが力の見せ所とはよく言われることだが、これまですでに内外の優れたオーケストラの首席指揮者や音楽監督として充実した業績を重ね、昨年大阪フィルハーモニー交響楽団の音楽監督に着任した尾高忠明氏は、まさにそれを地でいくような快進撃を続けている。着任初年度に、指揮者にとってもオーケストラにとっても真の実力が問われるベートーヴェンの交響曲全曲に、敢えて既存のスタイルで挑戦し、作品の真価というものは演奏スタイルを超えた所にあることを、円熟、果敢な解釈で示し聴衆を圧倒したからだ。その比類のない完成度の高さを見ていると、彼は今このオーケストラに、歴史に残る偉大な1ページを刻み、自らの指揮芸術の集大成を計ろうとしているかのようにも見える。今後必ずや訪れるであろうさらなる高みへの飛翔を心から期待して本賞を贈呈する。

(音楽賞洋楽部門 選考委員会)



表彰式は11月15日(金)にパレスホテル東京において開催されます。

(児童文化賞・音楽賞について)
https://www.hd.jxtg-group.co.jp/csr/child_reward/

(ニュースリリース)
https://www.hd.jxtg-group.co.jp/newsrelease/


尾高忠明は現在前立腺癌の治療中ですが、7月末より活動を再開する予定です。今後の活動にご注目ください。
 

PAGEUP