NEWSニュース

2018/10/09 | KAJIMOTO音楽日記

●10/12(金)「ポリーニ・プロジェクト」に出演するマッテオ・チェザーリ(Fl)、シャリーノ作品を語る!




現在来日中の巨匠マウリツィオ・ポリーニ。

10月12日(金)と13日(土)には、ポリーニ夫妻がプロデュースする「ポリーニ・プロジェクト」がトッパンホールで開催されます。(ポリーニ自身は出演致しません)
異なる時代の“革新”を対比するというコンセプトのもと、前半にはイタリアの現役人気作曲家サルヴァトーレ・シャリーノの斬新な作品が数曲演奏されます。
12日(金)に出演する演奏者の一人、フルート奏者のマッテオ・チェザーリが来日し、演奏する2曲について語ってくれました。


今週の金曜日、トッパンホールで演奏できることをとてもうれしく思います。
シャリーノの作品を2曲演奏しますが、最初の作品は「急激に成長するクリスタル」。今年の5月にアイルランドで初演した、非常に美しく、エレガントな作品です。
2曲目はまったく異なるスタイルの 「三美神が花開かせるヴィーナス」。 こちらは特殊奏法を多用した作品で、1980~85年頃に書かれたものです。
シャリーノの現在と初期の代表作を演奏し、30~40年の間の変遷をお見せしたいと思います。



<公演情報>
http://www.kajimotomusic.com/jp/concert/k=693/
 

PAGEUP