NEWSニュース

2015/07/28 | KAJIMOTO音楽日記

●モディリアーニ弦楽四重奏団、秋の来日公演を前に。





「2015年、ヨーロッパを中心に躍進を続けるモディリアーニ弦楽四重奏団の夏は、熱い」

まずは間もなく開幕するエヴィアン国際音楽祭から。
彼らが音楽監督を務める同音楽祭はこの7月で2年目を迎えますが、そのラインアップは初年度よりも更に充実度を増しています。マキシム・ヴェンゲーロフやエマーソン弦楽四重奏団、ジェラール・コセなど室内楽の名手たちに加え、マーラー・チェンバー・オーケストラ、ファジル・サイ、ゴーティエ・カプソン、庄司紗矢香など、そのゲストの多彩さが何より目を引きます。モディリアーニSQ自身はドヴォルザークとモーツァルトの弦楽四重奏に加えて、シェーンベルクの「浄夜」でエマーソン弦楽四重奏団と共演。結成しておよそ40年となる先達との共演でどんな化学反応が生まれるか、音楽祭のハイライトとなるコンサートです。
昨年、初年度の開催を終えてすぐにメインスポンサーから更なる支援を約束されたそうです。このラインアップからは今年の成功も予感され、2年目を迎えてますます目を離せない音楽祭となっています。


「エヴィアンを終えてからもモディリアーニの夏は忙しい」

モディリアーニSQは今夏、バート・キッシンゲン、エディンバラ、エクサンプロヴァンス、ラ・ロック・ダンテロンなどヨーロッパ各地の音楽祭を飛び回る予定。暑さが和らいでくるころにはオーストラリア、アメリカ、ヨーロッパへのツアーを行い、ウィグモア・ホール(ロンドン)、コンセルトヘボウ(アムステルダム)、フィルハーモニー(パリ)、ヘラクレス・ザール(ミュンヘン)などを回りますが、今年4月にカーネギーホール公演で大成功を収め、直ちに2016/2017シーズンの再訪を約束された彼らのことなので、これら世界各国の名コンサートホールへの再訪もまた期待されるところです。

そして、秋には待望の最新盤(バルトーク - ドヴォルザーク - ドホナーニ)が発売予定。

今から11月の来日ツアーが待ち遠しいですね!



モディリアーニ弦楽四重奏団 2015年11月 来日ツアースケジュール

■11月21日(土) 15:00 神奈川/神奈川県立音楽堂 【プログラムA】
【問】チケット神奈川 0570-015-415

■11月23日(月・祝) 14:00 神奈川/藤野芸術の家 【プログラムA】
【問】藤野芸術の家 042-689-3030

■11月26日(金) 19:00 東京/王子ホール 【プログラムB】
【問】王子ホールチケットセンター 03-3567-9990

■11月29月(土) 14:00 奈良/秋篠音楽堂 【プログラムC】
【問】秋篠音楽堂 0742-35-7070


【プログラムA】
モーツァルト: 弦楽四重奏曲第15番 ニ短調 K.421
ショスタコーヴィチ: 弦楽四重奏曲第1番 ハ長調 op.49
ベートーヴェン: 弦楽四重奏曲第11番 ヘ短調 op.95「セリオーソ」

【プログラムB】
ドビュッシー: 弦楽四重奏曲 ト短調 op.10
サン=サーンス: 弦楽四重奏曲第1番 ホ短調 op.112
ラヴェル: 弦楽四重奏曲 ヘ長調

【プログラムC】
モーツァルト: 弦楽四重奏曲第15番 ニ短調 K.421
ベートーヴェン: 弦楽四重奏曲第11番 ヘ短調 op.95「セリオーソ」
シューマン: ピアノ五重奏曲 変ホ長調 op.44(ピアノ:酒井有彩)

PAGEUP