NEWSニュース

2015/01/04 | KAJIMOTO音楽日記

●謹賀新年!年明けはウィーン・リング・アンサンブルのニューイヤーコンサートで。




新年あけましておめでとうございます。

年末年始、皆さまはいかがお過ごしでしたでしょうか?
明日からお仕事初めの方も、いやお正月もお仕事で明日から代休を、という方も、
色々な方がいらっしゃると思います。
どんな方も、今年はよき年となりますように。
そして弊社も、心に沁み、快活でいられるような、または悲しみを分け合うような、皆さまとたくさんのことを分かち合えるような佳き音楽の場をつくれるよう、精進してまいります。

さて!
元旦恒例、NHKの衛星生中継によるウィーン・フィル・ニューイヤーコンサートはご覧になられましたでしょうか?
今年も名匠ズービン・メータの指揮のもと、優雅で快い、ちょっと苦味も交じりつつ人生を肯定しなくてはいられないような愉しいワルツやポルカを、ウィーン・フィルが美しく豊かに軽やかに演奏してくれました。やっぱり素晴らしいですね!
そのウィーン・フィルのエッセンス・メンバーによるウィーン・リング・アンサンブルが今年もやってきました。上記のコンサートの後、すぐ荷造りをして日本へ出発、本日の名古屋公演を皮切りにツアーが始まります。
(リング・アンサンブルのメンバーで、今年のウィーン・フィル・ニューイヤーの乗り番には、コンサートマスターのキュッヒル・・・今年8月で彼はいよいよ引退なので、これが最後のニューイヤー?・・・をはじめ、ヴィオラのコル、コントラバスのブラデラー、ホルンのトムベック、クラリネットのヒントラーらがいましたね)

お客様にはこのリング・アンサンブルを年始にサントリーホールで聴かないと1年が始まらない、という方がたくさんいらっしゃいますし、弊社のスタッフもそう。私ももちろんそうです。
そうしたリピーターの方々ももちろん、まだ行ったことないよ、という若い方々にはぜひこの「人生を楽しむ」ことを肌で感じていただけるようなこのウィーン・フィル主力奏者たちによるニューイヤーコンサート、ぜひ聴いていただけたら、と思っています。
会場に充満する、上質な大人の洋酒のようなあの空気・・・。

明後日1月6日(火)19時開演。当日券は18時から発売しますので、どうぞお楽しみに!

(そしてキュッヒルさんは今年も太鼓を叩くのか!?笑)


■チケットのお申込みはこちらまで

PAGEUP