NEWSニュース

2014/10/03 | ニュース

◆昨日10/2、井上道義が東京芸術劇場コンサートホール舞台上にて復帰記者会見を行いました。

井上道義ならではの会見の様子を、音楽ジャーナリスト飯尾洋一氏によるレポートでご紹介いたします。




10月2日、東京芸術劇場で「指揮者 井上道義演奏活動復帰記者会見」が開かれました。
 会見場はコンサートホールのステージ。多数の記者、音楽関係者が集まって、舞台上にオーケストラと同じように配置された椅子に座りました。もちろん、マエストロは指揮台へ。自然と拍手がわきおこります。「10キロ痩せた」とは感じさせない、元気な姿を見せてくれました。



 咽頭がんの放射線治療のため4月から演奏活動を休止していた井上さんは、今月11日に鎌倉市で開催されるNHK交響楽団との公演で復帰を果たします。
「昨日、医師から最終的に問題ないと言われました。今は体調はいいですが、治療は大変でした。病気をやってる間は、ぜんぜん音楽なんか助けにならない。音楽はひどい病気には役に立たない。そんなことより、どうやったら眠れるのか、どうやったら咳が止まるのか。『今までお忙しい方だったのでお休みください』といった励ましの声もいただいたけど、それどころじゃないんだよ。ぜんぜん休めない」



 演奏活動休止中の半年間には、ラ・フォル・ジュルネ金沢を含む36公演がキャンセルされました。「ご迷惑をおかけした」と語るマエストロ。会見場にはマエストロの快復を祈って贈られた千羽鶴や寄せ書きが掲げられていました。



「大勢の人たちから、戻ってきてね、待ってますとたくさん言われた。じゃあ、この先なにをしたらいいのかなと考えた。なにしたらいいの? それがわからないんだよね。だいたい67歳まで生きていると、自分のやりたいことは全部やりつくしている。どうしたらいいのかわからなくなる。でも、あいつ治らなくてよかったとは言われたくないんだよね。だから生まれ変わらなきゃいけない。一度死ぬ目に遭うと、自分がもう一度生まれたような感覚になります」



 現在のマエストロが特に力を入れる活動についても語ってくれました。
「今、曲を書いているのが僕の大きな生きがいになっています。2時間くらいの舞台作品で、たぶん2年後くらいには書き終わっていると思う。主役は岡本太郎のような、僕の父親のような、僕自身のような人物。それともう一つは、野田秀樹演出の『フィガロの結婚』。何年も前から野田秀樹を口説いていて、せっかくやるなら一回や二回じゃなくて、日本中でやろうということになった。野田さんが演劇で培ったノウハウをオペラのなかに吸収したい」
 野田秀樹演出の「フィガロの結婚」は、来年5月~6月と10~11月に、10都市13公演の開催が決まっています。



 これからの指揮活動について、「一つ一つを今まで以上に大切に考えたい」と語るマエストロ。
「病気になって、なんでこんな目にオレが遭うんだろう、こんちくしょうと思う。すると、人に当たってしまうんだよね。でも病院ではもっとひどい人がいて生きている。なんでオレは生きてるんだろうと考える。せめてこうして期待してくれている人がいる。それはすごく幸福なことなんじゃないかと思った。でも期待されているからただ戻ってきましたというのではいけない。僕は今までとは違う何かを持っていかなきゃいけない、そう強く思っています」



 質疑応答の場面では、多数の温かいエールがマエストロに送られました。「生まれ変わった」という井上道義さんのこれからの活動に多くのファンが期待を寄せていることでしょう!

どうぞ、井上道義の活動にご注目ください!

 


写真 © 星ひかる



〇今後の出演スケジュール

2014年10月11日(土) 15:30開演
NHK交響楽団 井上道義×鎌倉芸術館「いざ、鎌倉への道」Vol.4
会場:鎌倉芸術館 大ホール
指揮:井上道義
ヴァイオリン:前橋汀子
管弦楽:NHK交響楽団
 ショーソン:詩曲 op.25
 マスネ:タイスの瞑想曲
 ブルックナー:交響曲第9番 ニ短調 WAB.109(ノヴァーク版)
 *15:00より井上道義によるプレトークを予定
お問い合わせ:鎌倉芸術館チケットセンター TEL:0120-1192-40


2014年10月12日(日) 16:00開演
上田市交流文化芸術センター開館記念事業 NHK交響楽団上田公演
会場:上田市交流文化芸術センター 大ホール
指揮:井上道義
ヴァイオリン:前橋汀子
管弦楽:NHK交響楽団
 ショーソン:詩曲 op.25
 マスネ:タイスの瞑想曲
 ブルックナー:交響曲第9番 ニ短調 WAB.109(ノヴァーク版)
お問い合わせ:上田市交流文化芸術センター TEL:0268-23-5219


2014年10月23日(木)・24日(金) 19:00開演
大阪フィルハーモニー交響楽団 第482回定期演奏会
会場:フェスティバルホール
指揮:井上道義
ピアノ:ユリアンナ・アヴデーエワ
管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団
 ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲 op.115
 プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番 ハ長調 op.26
 チャイコフスキー:交響曲第4番 ヘ短調 op.36
お問い合わせ:大阪フィル・チケットセンター TEL:06-6656-4890


2014年11月3日(月・祝) 15:00開演
佐倉市民音楽ホール会館30周年記念 東京交響楽団演奏会
会場:佐倉市民音楽ホール
指揮:井上道義
ピアノ:田部京子
管弦楽:東京交響楽団
 ムソルグスキー(ラヴェル編):組曲「展覧会の絵」より「キエフの大門」
 グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 op.16
 リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」op.35
お問い合わせ:佐倉市民音楽ホール TEL:043-461-6221


2014年11月13日(木) 14:00開演
大阪フィルハーモニー交響楽団 マチネ・シンフォニー Vol.12
会場:ザ・シンフォニーホール
指揮:井上道義
チェロ:マリオ・ブルネロ
管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団
 ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 op.104
 ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 op.67「運命」
お問い合わせ:大阪フィル・チケットセンター TEL:06-6656-4890


2014年11月23日(日) 14:00開演
オーケストラ・アンサンブル金沢 ファンタスティック・クラシカルコンサート
会場:石川県立音楽堂 コンサートホール
指揮:井上道義
ゲスト:黒柳徹子
管弦楽:オーケストラ・アンサンブル金沢
 《オペラの愉しみ》
  モーツァルト、ロッシーニ、ヴェルディ、プッチーニ
  オペラの名場面を数々のアリアとともに
お問い合わせ:石川県立音楽堂チケットボックス TEL:076-232-8632


2014年11月29日(土) 15:00開演
新日本フィルハーモニー交響楽団 埼玉会館公演
会場:埼玉会館 大ホール
指揮:井上道義
ヴァイオリン:竹澤恭子
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
 ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.77
 ブラームス:交響曲第2番 ニ長調 op.73
お問い合わせ:SAFチケットセンター TEL:0570-064-939

以降の演奏会につきましては順次お知らせいたします。
 

PAGEUP