NEWSニュース

2014/01/30 | KAJIMOTO音楽日記

●シャイー&ゲヴァントハウス管とマーラーの“甘い関係”vol.3:【動画】交響曲4番




3月の来日に先駆け、リッカルド・シャイー&ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(LGO)とマーラーの甘~い関係をひも解く当連載。
2011年、マーラー没後100年の節目に、彼らはライプツィヒ・マーラー国際音楽祭で“マーラー全交響曲DVD化プロジェクト”(現在進行中!)をスタートさせたわけですが・・・
本日は2012年4月に収録された「交響曲4番」の映像をご紹介します。


★共演:クリスティーナ・ランツハーマー(Soprano)

この“マーラー全交響曲DVD化プロジェクト”が幸先のよいスタートを切ったことは、プロジェクト初年(2011年)の交響曲第2番・第8番のライブ映像が以下のように評されたことからも伺えます。

「シャイーの指揮は集中力、細部への配慮、表現の幅広さ、楽曲構築の力強さを合わせ持ち、それが2011年・記念イヤーに企画された数々のマーラー演奏のうち、最も記憶に残る一つを生み出した。」(International Record Review)

上の動画では、03分24秒~、シャイーの貴重なビデオ・コメントもご覧いただけますが、ここでマエストロは以下のように、プロジェクトの成果を語っています:

「近年、LGOはマーラーの作品に集中的に向き合う中で、演奏技術面でのある種の“自制”とともに、感情を“自制”する術を育んできました。――演奏者が感情に踊らされる、それはマーラーの音楽に支配されてしまうことを意味し、非常に危険です。本来は私たちがマーラーの音楽をコントロールすべきなのですから。」

3月には、交響曲第7番「夜の歌」を引っ提げて東京&京都を訪れる、シャイー&LGO。現在進行中の彼らの壮大なるマーラー・プロジェクトを、ぜひ貴方も生で体験してください!


<ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 2014年ツアースケジュール>

指揮: リッカルド・シャイー
ピアノ: ネルソン・フレイレ(3/17)
ヴァイオリン: 五嶋みどり(3/18、19、21)

■2014年 3月17日(月) 19:00/東京 東京オペラシティ 【プログラムA】
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■2014年 3月18日(火) 19:00/川崎 ミューザ川崎シンフォニーホール 【プログラムB】
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■2014年 3月19日(水) 19:00/大阪 フェスティバルホール 【プログラムB】
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960
*フェスティバルホール オープニングシリーズ

■2014年 3月21日(金・祝) 18:00/東京 サントリーホール 【プログラムB】 ※完売
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■2014年 3月22日(土) 17:00/京都 京都コンサートホール 【プログラムC】
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■2014年 3月23日(日) 18:00/東京 サントリーホール 【プログラムC】
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960


【プログラムA】
メンデルスゾーン: 序曲「ルイ・ブラス」op.95
ベートーヴェン: ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 op.73 「皇帝」 (ピアノ:ネルソン・フレイレ)
        * * *
ショスタコーヴィチ: 交響曲第5番 ニ短調 op.47

【プログラムB】
メンデルスゾーン: 序曲「ルイ・ブラス」op.95
メンデルスゾーン: ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64 (ヴァイオリン:五嶋みどり)
     * * *
ショスタコーヴィチ: 交響曲第5番 ニ短調 op.47

【プログラムC】
マーラー: 交響曲第7番 ホ短調 「夜の歌」

PAGEUP