NEWSニュース

2013/10/07 | ニュース

◆エル・システマ&萩原麻未による東北復興支援チャリティCD、明日より広島・東京で会場販売

現在「エル・システマ・フェスティバル2013」のため来日中のエル・システマ・ユース・オーケストラ・オブ・カラカス(ESYOC)と萩原麻未のライブ録音が、「東日本復興支援チャリティCD」として、明日10/8より演奏会場にて販売されます。



これは、今年の6月にベネズエラの首都カラカスにある「エル・システマ」の本拠を訪れた萩原麻未が、ディートリヒ・パレーデス指揮ESYOCと行ったコンサートのライブ収録。
進境著しい萩原とESYOCの熱演による、グリーグのピアノ協奏曲とショスタコーヴィチの交響曲第5番というラインナップです。

日本・ベネズエラ外交関係樹立75周年を機に、両国の若手音楽家の想いが一つに。全奏者が録音の印税収入を放棄し、福島の青少年の音楽活動など東日本復興支援のために寄付いたします。
なお、本CDは東日本大震災の被害から復旧した(株)オプトロムの工場(仙台市青葉区)でプレスされております。

<エル・システマ創設者アブレウ博士からのメッセージ>
東日本大震災で命を落とされた方を悼み、傷ついた方、近しい人を亡くした方、大切な地を壊された方の痛みと哀しみを想像しております。「エル・システマ」のモットーは「トカール・イ・リチャール」、つまり、平和のために楽器を奏で、物事に立ち向かうことです。このたび音楽によって、世界中が敬意を表すべき地・福島の復興に寄与できることは光栄です。

<萩原麻未からのメッセージ>
今年8月6日「原爆の日」に、故郷の広島で演奏しました。原子爆弾が投下され、向こう数十年は草さえ茂らないだろうと言われていた広島が、時を経た今、緑あふれる美しい街に変貌したことに思いを馳せました。このたび、ベネズエラの仲間たちと行った演奏を通じて、福島の復興に微力ながら携われることになり、広島の長い復興の歩みをふたたび思い起こしています。福島が以前の姿を取り戻すことができるよう、祈り続けていきたいと思います。

<CD詳細>
東日本復興支援CD
『萩原麻未&パレーデス&エル・システマ・ユース・オーケストラ/グリーグ:ピアノ協奏曲&ショスタコーヴィチ:交響曲第5番』(KAJIMOTO / KJ26201)

演奏者:
ディートリヒ・パレーデス(指揮)
萩原麻未(ピアノ)
エル・システマ・ユース・オーケストラ・オブ・カラカス(管弦楽)

CD販売: KAJIMOTO
マスタリング: N&F Co.,Ltd.Tokyo
CD製造:(株)オプトロム(仙台市青葉区)
録音:2013年6月8日 シモン・ボリバルホール(カラカス・ソーシャル・アクション・センター内/ライブ収録)


<販売日/会場> ※いずれも開場・休憩・終演時に販売

■2013年10月8日 (火) 18:30 開演(18:00 開場)
~エル・システマ・ユース・オーケストラ・オブ・カラカス 広島公演~
会場:広島文化学園HBGホール(広島市文化交流会館)
出演者・詳細

■2013年10月10日(木)19:00(18:30 開場)
「エル・システマ・フェスティバル2013」
~日本ベネズエラ外交樹立75周年記念ガラコンサート~
会場:東京芸術劇場
出演者・詳細

■2013年10月11日(金)19:00(18:30 開場)
「エル・システマ・フェスティバル2013」
会場:東京芸術劇場
出演者・詳細

■2013年10月12日(土)18:00(17:30 開場)
「エル・システマ・フェスティバル2013」
会場:東京芸術劇場
出演者・詳細

※今後の販売方法・販売場所につきましては、KAJIMOTO公式ウェブサイトにて順次告知させていただきます。





PAGEUP