NEWSニュース

2013/09/17 | ニュース

I ❤ ルプー! (13)




本日の「I ❤ ルプー!」(アイ・ラブ・ルプー!)回答者は、音楽ジャーナリスト/音楽評論家の伊熊よし子さんです。
それではどうぞ!


Q:いままで聴いたルプーの生演奏で特に心に残っている曲は?

長年待ち望んだ2012年の来日公演。11月8日、東京オペラシティコンサートホールで聴いたオール・シューベルト・プロは「神の贈り物」とも呼ぶべき敬虔で深遠で思索的なピアニズムで、あまりにもピュアな響きに涙がこぼれそうになりました。まさに一期一会の貴重な瞬間でした。
とりわけ印象深かったのは、後半に演奏されたピアノ・ソナタ第21番。ルプーはロマン豊かな深い詩情に彩られ、さまざまな素材を自由にかろやかに、また、深みを伴って展開されていく曲想を真骨頂ともいうべき演奏で聴かせてくれました。全編にしっとりとしたリリシズムがただよい、一瞬たりとも弛緩することなく、デリカシーとエレガンスに富む奏法が、シューベルトの歌心を美しく表現していました。
 ルプーの作り出す音世界は内省的で孤高の匂いを放ち、どこかモノローグを表出しているかのよう。目を閉じて音楽に集中し、頭を垂れて聴き入ると、彼の響きが心にストレートに浸透してくるため、祈りの音楽にも思えます。ホールで聴いているという感覚が次第に失せ、ひとりで音楽に対峙している感を強くするのです。これは不思議な感覚で、それゆえ何日間もずっと心の奥に演奏が居座り、消えることはありません。


Q:ルプーの録音の中で好きな曲は?

ベートーヴェンもシューベルトもシューマンもブラームスも、すべて私の宝物です。どれかひとつを選ぶことが非常に難しく、全部の録音をこよなく愛しています。


Q:ルプーが新しいレパートリーに取り組むとしたらどんな曲を聴きたいですか?

J.S.バッハの「平均律クラヴィーア曲集」、ショパンの「24の前奏曲」をぜひ聴いてみたいと思います。これまでさまざまなピアニストの演奏でこれらの作品は聴き込んできましたが、ルプーでしたら、まったく新たな音楽を生み出してくれると思うからです。


Q:ルプーに会って話をする機会があれば、本人に何を伝えたいですか?

もしも一瞬でもお会いできるチャンスがあれば、「私の心に生涯忘れえぬ感動を残してくれてありがとう!」といいたいです。
短時間でもお話できたら、私が創作しているアーティストとお料理をコラボさせている「アーティスト・レシピ」に即座にリストアップさせていただくのですが、インタビューはいっさい受けないとのこと、本当に残念です。


Q:その他、もしお書きになりたいことがあれば、どうぞ!

以前、チェロのミッシャ・マイスキーの本を書くためにご本人と話をしていたとき、モスクワ音楽院時代にルプーと親しくし、よくデュオを組んだ話を聞きました。マイスキーの卒業試験もルプーがピアノを担当してくれたそうです。さらにマイスキーがソ連を出てしばらくの間、ルプーのロンドンの家に居候をしていたこともあるそうです。マイスキーはルプーの演奏に昔から惚れ込んでいるとのこと。
 今年は牛田智大の本を書きましたが、そのなかで、彼が昨年のルプーの演奏に大きな感動を得た話を掲載しました。
 このように多くのアーティストにインタビューするなかで、ルプーにまつわる話は数多く出てきます。みなさん、ルプーの魅力のとりこになっているようです。彼の話になると目の輝きが増し、雄弁になるからです。


・・・伊熊さん、有難うございました!

<回答者紹介~ 伊熊よし子(音楽ジャーナリスト/音楽評論家)>
レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」(編集長)を経て、フリーに。著書多数。2013年の「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」のアンバサダーを務め、公式本「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書)出版。新著に「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックは おいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)がある。公式ブログ http://yoshikoikuma.jp/


「I ❤ LUPU !」(14)へ続く



<ラドゥ・ルプー 2013年来日スケジュール>

■10月12日(土) 18:00 鎌倉/鎌倉芸術館 大ホール
※リサイタル
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■10月14日(月・祝) 19:00 大阪/いずみホール
※リサイタル
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■10月17日(木) 19:00 東京/東京オペラシティ
※リサイタル
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■10月20日(日) 18:00 東京/サントリーホール
※オーケストラ・プログラム(ルツェルン祝祭管弦楽団)
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960

■10月21日(月) 19:00 東京/サントリーホール
※オーケストラ・プログラム(ルツェルン祝祭管弦楽団)
【問】カジモト・イープラス 0570-06-9960


【リサイタル・プログラム】
シューマン: 子供の情景 op.15
シューマン: 色とりどりの小品
シューベルト: ピアノ・ソナタ第20番 イ長調 D959(遺作)

【オーケストラ・プログラム】
クラウディオ・アバド指揮/ルツェルン祝祭管弦楽団
ベートーヴェン: ピアノ協奏曲第3番ハ短調 op.37

クラウディオ・アバド指揮ルツェルン祝祭管弦楽団 来日中止のお知らせ



ラドゥ・ルプー プロフィール

PAGEUP