NEWSニュース

2018/04/17 | O.A情報

4/21(土)から3週にわたり、今年の現地でのラ・フォル・ジュルネ音楽祭が「題名のない音楽会」で放送されます





2018年のナントのラ・フォル・ジュルネ(LFJ)の模様が3週にわたってレポートされます。司会の石丸幹二氏は、これまでもLFJのアンバサダーとして「0歳からのコンサート」の司会や、コンサートでの詩の朗読などたびたびLFJに出演されていますが、この度、はるばるナントに駆けつけ、LFJの朝から夜までの模様を取材。
第1回は、LFJのアーティスティック・ディレクター ルネ・マルタンが会場を案内いたします。なんと、あの巨匠ヴァイオリニストも登場!
是非、ご覧ください。





<放送情報>
題名のない音楽会「世界最大級!クラシックの音楽祭を知る休日」
[テレビ朝日] 2018年4月21日(土)午前10:00 放送予定
[BS朝日]   2018年4月22日(日)午前 8:00 放送予定
<放送予定曲>
「ダニーボーイ」
アイルランド民謡/Joshua Pacey編
Voces8(ヴォーカル)

ショパン/ピアノ・ソナタ 第3番」第4楽章より
チョ・ソンジン(ピアノ)

G.カンチェリ/V&V(ヴァイオリン・録音された声と弦楽のための)」
ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)
クレメラータ・バルティカ
番組サイト→ http://www.tv-asahi.co.jp/daimei/


<今後の放送情報>
4月28日(土)
「クラシックの名プロデューサーを知る休日」
ラ・フォル・ジュルネを作り上げた、アーティスティック・ディレクターのルネ・マルタン。「目利き」ルネ・マルタンのこだわりポイントや一押しのアーティストをご紹介します。
【出演アーティスト】パヴェル・シュポルツル(ヴァイオリン)、バーバラ・ヘンドリックス(ソプラノ)、ピアース・ファッチーニ(シンガー・ソングライター)、ラケル(ソプラノ)&ヨアン(ピアノ)、ルイス・フェルナンド・ペレス(ピアノ)、マリ・アンジェ・グッチ(ピアノ) ほか

5月5日(土・祝)
「世界が注目する日本の音楽を知る休日(仮)」
世界に誇る日本の太鼓奏者・林英哲もラ・フォル・ジュルネ常連の一人。海外ではスタンディング・オベーションで迎えられる彼の音楽を紹介。また、クレズマ(東欧系ユダヤ)音楽の注目アーティスト、Yom、異色の合唱団ミクロコスモスもご紹介します。
【出演アーティスト】林英哲(太鼓) 英哲風雲の会、 Yom(クラリネット)、ミクロコスモス ほか


5月3~5日は、ラ・フォル・ジュルネTOKYO2018にどうぞお越しください。
<開催場所>
丸の内エリア(東京国際フォーラム・大手町・丸の内・有楽町等)
池袋エリア(東京芸術劇場・池袋西口公園・南池袋公園等)

LFJ公式サイト⇒ https://www.lfj.jp/lfj_2018/
チケット購入方法⇒ https://www.lfj.jp/lfj_2018/ticket/
 

PAGEUP