NEWSニュース

2016/11/03 | KAJIMOTO音楽日記

●ブロムシュテット&バンベルク響 東京公演初日レポ!


名誉指揮者ヘルベルト・ブロムシュテットに率いられたバンベルク交響楽団の日本ツアーが、福岡、宮崎、名古屋と続き、ついに東京へ。
サントリーホールの初日公演は、ベートーヴェンの「ヴァイオリン協奏曲op.61」と「交響曲第5番op.67」。中期の傑作2曲です。



「厳しいリハーサルを続けるブロムシュテット&バンベルク響」


公演プログラムに掲載しているブロムシュテットのインタビューでは「うわべの類似」とにべもなく否定されましたが(・・・)、ヴァイオリン協奏曲冒頭のティンパニ(タンタンタンタン)、「第5交響曲」の冒頭(タタタ・ター)という4音のシンプルなモティーフから、ベートーヴェンがどれだけ性格の違う曲を生み出したか!ということを、むしろマエストロが指揮したバンベルク響は強い説得力をもってきかせてくれたのではないでしょうか?内省的で静かなるベートーヴェンと、強大なエネルギーで爆発する動的なベートーヴェン。

前者はもちろんヴァイオリン協奏曲です。ソリストは諏訪内晶子。12型という小編成(弦楽器は対向配置)というせいだけではなく、きめ細かく丁寧に、フォルテの強音よりピアノの弱音領域での表現を主眼に、ソロ・ヴァイオリンと落ち着いたおしゃべりをする室内楽のように進行していきます。マエストロのアクションはもとより、オーケストラ全体が、ひそやかな部分でも音を痩せさせることなく、透明ですがふくよかな音を鳴らしているのが印象的でした。
ここまで内向的なこの曲の演奏は久し振りに聴いた気がします。まるで「秋」の景色のような――それも「晩秋」の陽光のような落ち着いたのびやかさを見せるベートーヴェンです。ここに諏訪内さんの美しく精確なヴァイオリンがとてもマッチ・・・というより対話として一体化していて、時折フレーズのおしりに表情豊かなニュアンスを加えたりすると演奏全体がほんのり華やぎ、その微妙なバランス具合が私には好ましく映りました。

***

一転して後者は「第5交響曲」。
先の曲より多少編成が大きくなったくらいですが、最初の音からして大きさ、圧力、迫力がまるで別物。それはブロムシュテットが指揮台に上がったときから既にビリビリと伝わる切迫感です。

ギュッと凝縮され集中した音楽の連続。音色、リズム、緊迫が次々とたたみかけ、どのフレーズもが雄弁に発言します。なるほど、これこそブロムシュテットが以前から強調していた「バンベルク響のボヘミア的な自発性」か!と。
それと、冒頭「タタタ・ター タタタ・ター」の2度目の音のフェルマータの伸ばしでハッとしたのですが、弦楽器群がほとんどヴィブラートをかけていません。ティンパニのバチが硬いものだったり、彼らはいわゆるピリオド(古楽)奏法――最近ではHIP(Historically Informed Performance)と言うのでしょうか――を一部採り入れているのだと驚かされます。それはすべてにおいてではなく、バンベルク響特有の厚みのあるあたたかく柔らかい音を活かした上ですが。絶えず「もっといい演奏をするために」、まっすぐな意欲を燃やすこのコンビには敬服です。ストイックなマエストロに膨大なエネルギーを注入された、南ドイツ+ボヘミア的自発性+HIPの合一!

その流れの中で多少アンサンブルが荒れた箇所もあるにはありましたが、実に渋みのある色合いを惜しげもなくふりまく木管楽器群の(大好きな音色です)、いかにも木質な音を弦に融けこませたり、対立させたりで、メカニカルではない「手作り」感の横溢した合奏が実現し、この「第5」、山あり谷ありのドラマを経て、第3楽章終わりの神秘的なピアニッシモから輝かしい勝利のフィナーレまで少しの緊張感のゆるみもなし。驚くべき89歳の指揮と、それに応えるオーケストラでした。

しかし最初の話に戻りますが、ベートーヴェンの創作力というのはすごいものですね。この両曲の対比、そして「第5」でのドミナント和音へ「これでもか」と緊迫に緊迫を重ね、ギリギリまで張り詰めた弓から放たれる矢のような解放感。。。
これを心底感じさせてくれたのは、まぎれもなく今晩のマエストロ・ブロムシュテットとバンベルク響のおかげです。満場の拍手を受けるマエストロの満面の笑顔とメンバーへのガッツポーズ、そして喜びを隠さず彼らを握手したりハグしたりで称えるマエストロの姿は、しばらく忘れられそうにありません。

***

(公演直後ゆえ、少々興奮がちなレポになってしまったことをお許しください。)

さて、明晩11月3日(木・祝)19時からの公演は、シューベルト「未完成」とベートーヴェン「田園」の2大交響曲。今度はどんな音、どんなドラマが待っているでしょう?
どうぞご期待ください!たくさんの方々のご来場をお待ちしております。


当日券はサントリーホールにて18時から販売致します。
 

PAGEUP