NEWSニュース

2016/06/21 | KAJIMOTO音楽日記

●P-L.エマール、英オールドバラ音楽祭で朝から晩まで「鳥のカタログ」!?


英国オールドバラ音楽祭(6月10日~26日)の芸術監督をつとめるピアニストのピエール=ロラン・エマール。
一昨日の6月19日、彼にピアノでメシアン「鳥のカタログ」の全曲演奏会(全4回)がおこなわれました。

「朝に鳴く鳥は朝に」、「夜に鳴く鳥は夜」にと、リアルな時間のコンセプト(!?)で作品を選んだそうです。

というわけで、なんと最初のコンサートは日の出にあわせて朝の4:30に開始。
聴衆はエマールの演奏を聴きながら、日の出がのぞめるように、会場は素晴らしいパノラマ・ビュー↓



19:30からの日没コンサートの会場はこんな感じ↓
自然の中に身を置いて、実際の鳥の声を聴きながらエマールのメシアンを聴く幸せ。


23:00からの最終回はドラマチックに終わりました。


ほぼ24時間に渡るPLAの偉業にブラボー!お天気にもめぐまれて良かったですね。
詳細は音楽祭ウェブサイトをご覧ください。↓
http://blog.aldeburgh.co.uk/catalogue-doiseaux/

この「鳥のカタログ」の全曲演奏の一部はBBCラジオで聴くことができます。
http://www.bbc.co.uk/programmes/b07gn3xt
お客さんの声やPLAのコメント入り、どうぞお楽しみください。


ピエール=ロラン・エマールの次回の来日は11月。大野和士指揮/東京都交響楽団との共演で、ラヴェル「左手のための協奏曲」を演奏します。
http://www.tmso.or.jp/j/concert_ticket/detail...



 

PAGEUP