NEWSニュース

2014/07/18 | KAJIMOTO音楽日記

●諏訪内晶子による、第3回国際音楽祭NIPPONが今秋開催!

日本を代表する国際的ヴァイオリニスト、諏訪内晶子が2013年からスタートさせた、
自身の夢をかたちにしたフェスティバル「国際音楽祭NIPPON」も、早くも今年で3回目を迎えます。
今回は横浜と名古屋がメイン会場。



>> 国際音楽祭NIPPON 公式サイト


――諏訪内がこれまで海外で活躍した中で、共演したり、友人となった演奏家たちとの輪をもったことで実現した第一級の音楽家たちとのコラボレート、
そして「今」を代表する現代作曲家に新作を委嘱し、自ら初演してそれを未来に継承していく企画・・・

♪諏訪内晶子&エンリコ・パーチェ デュオ・リサイタル
11月30日(日)15時 横浜みなとみらいホール





♪諏訪内晶子&パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマー・フィルハーモニー管弦楽団
12月7日(日)15時 横浜みなとみらいホール


 *フランスを代表する人気現代作曲家、カロル・ベッファの新作ヴァイオリン協奏曲を初演!




12月8日(月)18時45分 愛知県芸術劇場コンサートホール





♪諏訪内晶子&ピエール・アモイヤル デュオ・リサイタル
12月11日(木)18時45分 トヨタ産業技術記念館 大ホール
 (*発売は9月からを予定しております)




――そして、盟友である名チェリスト、ウィスペルウェイによるJ.S.バッハの無伴奏チェロ組曲によるソロ・リサイタルを能楽堂という、和の空間で。
西洋音楽の粋ともいえる楽曲が、こういった空間でどのように響き、どのように新しい体験をさせてくれるのか・・・

♪ピーター・ウィスペルウェイ 無伴奏チェロ・リサイタル
12月10日(水)18時45分 名古屋能楽堂





――そして、中でも諏訪内が力を入れたい・・・音楽家として世界の第一線で自らが経験してきた様々なことを若い世代に伝えたい・・・という切望をかたちにした、
諏訪内自身、パーチェ、アモイヤル、ウィスペルウェイによるマスタークラス。

♪マスタークラス
横浜:  12月3日(水) ~ 12月9日(火) 横浜みなとみらいホール(小ホール/レセプション・ルーム/リハーサル室)
名古屋: 12月1日(月) ~ 12月4日(木) 電気会館 ザ・コンサートホール

>> 詳細 (PDFファイル)


――また、マスタークラスの受講生と、アモイヤルらが一緒に共演し、それを美術とのコラボレートとしての演奏会とした美術館コンサート。

♪美術館コンサート(横浜美術館「ホイッスラー展」提携プログラム)
12月12日(金)・13日(土) 15時30分/17時 (各30分)
横浜美術館グランド・ギャラリー


――マスタークラスとは別ですが、加えて若い世代に伝える・・・という願いを、0歳児から聴けるコンサート、ということでかたちにしました。

♪0歳児から聴くコンサートin 名古屋
12月11日(木)13時 
トヨタ産業技術記念館 大ホール


――もうひとつ、2011年3月11日東日本大震災における被災地へ目を向け、
この音楽祭の一環として、ケント・ナガノ指揮モントリオール交響楽団のチャリティ・コンサートを郡山で行います。

♪ケント・ナガノ指揮モントリオール交響楽団 チャリティ・コンサート
10月15日(水)18時 郡山女子大学 建学記念講堂大ホール




諏訪内晶子がコンサートという場で、自分の音や共演者の音、その音楽、背景の文化などをじっくり観察して演奏するように、
今度は芸術監督として、音楽祭の場で、様々な自分の思いを様々なかたちとして開催します。
どうぞ多くの方々に参加してしただき、聴いていただき、皆さまと佳き音楽祭をかたち作っていけることを願っています。


>> 国際音楽祭NIPPON 公式サイト

PAGEUP