NEWSニュース

2014/01/31 | ニュース

◆祝・楽壇デビュー50周年!音楽とともに~秋山和慶の歩み

秋山和慶が、今年2014年に指揮活動50周年を迎えました。1964年2月に東京交響楽団を指揮してデビューした秋山(当時23歳)。その後、現在までの50年の歩みを以下にまとめました。今後とも秋山の活動にご注目いただけますよう、宜しくお願いいたします。



<秋山和慶 指揮活動50年の歩み>


1963年(昭和38年)=22歳  春、桐朋学園音楽大学卒業。同時に助手となり後に講師、助教授、教授を歴任。
秋に東京交響楽団専属指揮者となる 
1964年(昭和39年)=23歳  東京交響楽団を指揮して公式デビュー(東京文化会館、Vn潮田益子)
7月、桐朋学園渡米弦楽合奏団(指揮は斎藤秀雄教授や卒業生の小澤征爾、秋山和慶、飯森泰次郎、学生の黒岩英臣ら)がニューヨーク、ロサンゼルスなどで11回公演
1965年(昭和40年)=24歳  桐朋学園オーケストラ広島市公会堂で演奏会
1966年(昭和41年)=25歳  東京バレエ団のソ連公演。ボリショイ劇場のオーケストラと各地を回る

1967年(昭和42年)=26歳
  トロント交響楽団音楽監督の小澤征爾氏から請われ、同交響楽団を指揮
大阪フィルハーモニー交響楽団指揮者に就任(~1994年)
東京アカデミー合唱団指揮者に就任
1968年(昭和43年)=27歳  東響音楽監督・常任指揮者に就任
小澤征爾氏の要請によりトロント交響楽団副指揮者に就任(~1969年)
1969年(昭和44年)=28歳  洗足学園音楽大学客員教授
1970年(昭和45年)=29歳  桐朋学園弦楽合奏団2ヶ月半に渡る初のロシア・東西ヨーロッパ公演(13ヶ国)
1972年(昭和47年)=31歳  バンクーバー交響楽団音楽監督に就任(~1985年)
1973年(昭和48年)=32歳  アメリカ交響楽団音楽監督に就任(~1978年)ストコフスキーの後任
1974年(昭和49年)=33歳  桐朋学園弦楽合奏団アメリカ公演
新日本フィルアメリカ・ヨーロッパ公演
バンクーバー響初の日本公演
1975年(昭和50年)=34歳  第6回(昭和49年度)サントリー音楽賞(旧鳥井賞)を受賞

1976年(昭和51年)=35歳
  東響 初の海外公演(カナダ、アメリカ、メキシコ・3週間)
1984年(昭和59年)=43歳  小澤征爾氏とともに斎藤秀雄メモリアルコンサートを開催(東京・大阪)
1985年(昭和60年)=44歳  バンクーバー響2回目の日本公演
シラキュース交響楽団音楽監督に就任(~1993年)
バンクーバー響桂冠指揮者に就任
1986年(昭和61年)=45歳  札幌交響楽団首席客演指揮者に就任(~1998年)
1987年(昭和62年)=46歳  サイトウ・キネン・オーケストラ初のヨーロッパ公演
東響中国公演
1988年(昭和63年)=47歳  シラキュース響を率いカーネギーホールで公演 
1989年(平成元年)=48歳  大阪府民劇場賞受賞
洗足学園音楽大学教授に就任
サイトウ・キネン・オーケストラ2回目のヨーロッパ公演
1991年(平成3年)=50歳  大阪芸術賞受賞
東響創立45周年記念ヨーロッパ・アメリカ公演(ニューヨーク国連本部
国際会議場で演奏)
1993年(平成5年)=52歳  東響と共に第8回京都音楽賞大賞受賞
シラキュース響名誉指揮者に就任
1994年(平成6年)=53歳  第45回(平成6年度)芸術選奨文部大臣賞受賞
東響第400回定期でシェーンベルク「モーゼとアロン」を指揮
1995年(平成7年)=54歳  東響と共に毎日芸術賞受賞
1996年(平成8年)=55歳  東響と共に第26回モービル音楽賞(洋楽部門)受賞
東響創立50周年記念ヨーロッパ公演
広響第166回定期で初めて広響を指揮
1997年(平成9年)=56歳  東響「シェーンベルク:ヤコブの梯子」、「ヤナーチェク:利口な女狐の物語」(舞台上演形式)を指揮
1998年(平成10年)=57歳  広響首席指揮者・ミュージックアドバイザーに就任
2000年(平成12年)=59歳  広響第200回記念定期で「レスピーギ:ローマ三部作」を指揮
東響「ラッヘンマン:マッチ売りの少女」(演奏会形式、日本初演)を指揮
東響「ヤナーチェク:カーチャ・カヴァノヴァー」(原語による日本初演)を指揮
2001年(平成13年)=60歳  紫綬褒章受章 東響創立55周年記念トルコ・イタリアツアー
2003年(平成15年)=62歳  東響「ジョン・アダムズ: エル・ニーニョ」(セミ・ステージ形式、日本初演)を指揮
東響「ヤナーチェク: 死者の家」(演奏会形式、日本初演)を指揮
広響「ロシア・サンクトペテルブルグ建都300周年記念(サンクトペテルブルグ)」公演
2004年(平成16年)=63歳  東響桂冠指揮者に就任
広響音楽監督・常任指揮者に就任
九州交響楽団首席指揮者・ミュージックアドバイザーに就任
東響「ヘンツェ: 楽劇: 裏切られた海」(ドイツ語オリジナル版、演奏会形式)を指揮
2005年(平成17年)=64歳  広響「日韓友情年2005」記念韓国公演(テグ・プサン・ソウル)
2007年(平成19年)=66歳  第36回川崎市文化賞受賞
2008年(平成20年)=67歳  広島市民賞受賞
2010年(平成24年)=69歳  広響第300回記念定期で「R.シュトラウス:アルプス交響曲」を指揮
中部フィルハーモニー交響楽団アーティスティック・ディレクター、プリンシパル・コンダクターに就任
2011年(平成23年)=70歳  旭日小綬章受章
2012年(平成25年)=71歳  日本指揮者協会第5代会長に就任
広響プロ改組40周年記念定期で「メシアン:トゥーランガリラ交響曲」を指揮
2013年(平成25年)=72歳  九響桂冠指揮者に就任
広響創立50周年記念定期で「ストラヴィンスキー:春の祭典」を指揮
2014年(平成26年)=73歳  指揮活動50周年を迎える


秋山 和慶 プロフィール

PAGEUP