NEWSニュース

2012/07/31 | ニュース

◆【動画】J-C.スピノジ、仏のロック・フェス「ヴィエイユ・シャリュー」で“バロックンロール”!

毎年夏にフランスのブルターニュ地方で行われる大規模なロック・フェスティバル「ヴィエイユ・シャリュー Vieilles Charrues」に、
指揮者のジャン=クリストフ・スピノジが率いるバロック・オーケストラ「アンサンブル・マテウス」が登場しました。




写真1:公演中のスピノジと観客の様子



写真2:音楽祭のリハ(スピノジ)


「ヴィエイユ・シャリュー」は、過去にはシャルル・アズナブール(2007年)やジェーン・バーキン(2005年)ら永遠のスター歌手たちが出演し、7月の19日から22日まで開催された今年は、スティングやボブ・ディランも招かれたフランス屈指の“大”ロック・フェス。10年以上の歴史を誇ります。

会場となった野外ステージにて、スピノジ&アンサンブル・マテウスはエキサイティングなパフォーマンスを披露し、総立ちの聴衆たちの興奮も頂点に達しました。
フランスの「テレグラム」紙は、彼らの演奏を「ディランを圧倒したマテウスMATHEUS ECLIPSE DYLAN」「アンサンブル・マテウス:バロックンロール Ensemble Matheus. Barock 'n' roll」という見出し付で大絶賛しています。

その白熱ぶりはこちらの映像でご確認ください!(途中、リハのシーンもご覧いただけます。最後、ヴァイオリン片手に炸裂するスピノジの姿にご注目!)↓





アンサンブル・マテウスは、スピノジが1991年に創設したバロック・オーケストラ。17世紀から21世紀までの幅広いレパートリーを誇ります。
2007年にパリのシャトレ座のレジデンス・オーケストラとなり、同劇場でロッシーニの「試金石」、メサジェの「ヴェロニク」、モンテヴェルディの「聖母マリアの夕べの祈り」、ベッリーニの「ノルマ」、ハイドンの「騎士オルランド」等の上演を成功させるなど、世界を舞台にジャンルに縛られない多彩な活動を展開しています。


アンサンブル・マテウス 公式HP


PAGEUP