CONCERTSコンサート

SCHEDULE

April, 2020

SMTWTFS
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ARCHIVE

2020.06.05

工藤重典と世界で活躍する若き音楽家たち

〈モーツァルト フルート四重奏曲全曲演奏会〉

INFORMATION

PDF DOWNLOAD
日時
2020年6月5日 (金) 19:00 開演
会場

ザ・シンフォニーホール(大阪)

出演
フルート: 工藤 重典
ヴァイオリン: 辻 彩奈
ヴィオラ: 田原 綾子
チェロ: 横坂 源
料金
全指定席¥5,000

BUY TICKET

プログラム
〈モーツァルト・プログラム〉
フルート四重奏曲第4番 イ長調 K.298
フルート四重奏曲第2番 ト長調 K.285a
フルート四重奏曲第3番 ハ長調 K.285b
フルート四重奏曲第1番 ニ長調 K.285
ディヴェルティメント第17番 ニ長調 K.334
我が国のフルート界第一人者と、
世界的に活躍する若き弦楽奏者たちの共演!

【一般発売】2020年 1/27(月) 10:00


昨夏の終わり、KAJIMOTO主催による「サマーエンドパーティー」が行われた。そこに集まった300人程の人たちは、トークあり演奏あり、また音楽家やプロデューサーたちの楽しい普段着の話ありで大いに盛り上がっていた。普段見ることのない光景の中、これほど音楽を身近に感じたことはないだろう。そこで起きることは、参加者全員の閃きである。感性豊かな人々が心から、演奏、そして、おしゃべりを楽しんでいた。そんな中、私も例に漏れず、若い人たちとの共演が実現したのだ。ヴァイオリンは綺羅星の如く大活躍している辻彩奈、ヴィオラは多くの賞を取り各地でひっぱりだこの田原綾子、そしてチェロはミュンヘン国際コンクール入賞の実力を誇る横坂源である。この若者たちとの未知なる音楽的会話に興味を持ちつつも、一体どんな議論、討論が始まるのか…と思いきや、なんと!清々しく溌剌(はつらつ)としたワクワクするモーツァルトになったのだ!私も長く演奏活動を行っているが、この経験はしばらくなかったもの。実にそれは、私の恩師であるJ.P.ランパルがパリでモーツァルトのフルート四重奏を、ヴァイオリンのレジス・パスキエ、ヴィオラのブルーノ・パスキエらと演奏していたのと重なったのだ。あとで話を聞くと、偶然にも辻さんの師はレジスあり、田原さんの師はブルーノであり、横坂さんの師は、フランスで活躍しているジャン=ギアン・ケラスということになると、何か遺伝子的な繋がりを感じてしまい、「ああ、だからか…」と思ってしまったのだ。そんな素敵な遺伝子を受け継いだ若者たちとの共演を、大阪の皆さんには心から楽しんでもらいたい!

工藤重典



PAGEUP