LONDON
SYMPHONY
ORCHESTRA

TDKオーケストラコンサート2020
サー・サイモン・ラトル指揮
ロンドン交響楽団

Conductor:

Sir Simon Rattle

DATE

2020.9.29tue.
19:00

2020年9月29日(火) 19:00 開演(18:00 開場)

PROGRAM

マーラー
交響曲第2番 ハ短調 「復活」

ソプラノ:エルザ・ドライジグ
メゾソプラノ:エリーザベト・クールマン
合唱(9/29 10/3):首都圏音大合同コーラス
合唱(10/4):関西二期会合唱団・神戸市混声合唱団・びわ湖ホール声楽アンサンブル ほか

TICKET

  • S¥32,000
  • A¥27,000
  • B¥22,000
  • C¥15,000
  • D¥9,000
  • SS¥35,000

主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場、フジテレビジョン
特別協賛:TDK株式会社
後援:ブリティッシュ・カウンシル
協力:株式会社ワーナーミュージック

DATE

2020.9.30wed.
19:00

2020年9月30日(水) 19:00 開演(18:30 開場)

PROGRAM

リゲティ
アトモスフェール
ワーグナー
歌劇『ローエングリン』第1幕への前奏曲
ウェーベルン
管弦楽のための6つの小品 op.6
ワーグナー
楽劇『トリスタンとイゾルデ』から前奏曲と愛の死
ブラームス
交響曲第2番 ニ長調 op.73

TICKET

  • S¥32,000
  • A¥27,000
  • B¥22,000
  • C¥15,000
  • D¥9,000
  • Pt¥37,000

主催 : KAJIMOTO
特別協賛:TDK株式会社
後援:ブリティッシュ・カウンシル
協力:株式会社ワーナーミュージック

DATE

2020.10.1thu.
19:00

2020年10月1日(木) 19:00 開演(18:30 開場)

PROGRAM

バルトーク
管弦楽のための協奏曲
バルトーク
オペラ『青ひげ公の城』(演奏会形式上演/字幕付き)

青ひげ公:ジェラルド・フィンリー(バリトン)
ユディット:リナ・シャハム(メゾ・ソプラノ)

TICKET

  • S¥32,000
  • A¥27,000
  • B¥22,000
  • C¥15,000
  • D¥9,000
  • Pt¥37,000

主催 : KAJIMOTO
特別協賛:TDK株式会社
後援:ブリティッシュ・カウンシル
協力:株式会社ワーナーミュージック

SCHEDULE

2020. 9.27 sun.

[プログラムC]

2020. 9.29 tue.

[プログラムA]

2020. 9.30 wed.

[プログラムC]

2020. 10.1 thu.

[プログラムB]

2020. 10.3 sat.

2020. 10.4 sun.

[プログラムA]

PROGRAMA

マーラー
交響曲第2番 ハ短調 「復活」

ソプラノ:エルザ・ドライジグ
メゾソプラノ:エリーザベト・クールマン
合唱(9/29 10/3):首都圏音大合同コーラス
合唱(10/4):関西二期会合唱団・神戸市混声合唱団・びわ湖ホール声楽アンサンブル ほか

PROGRAMB

バルトーク
管弦楽のための協奏曲
バルトーク
オペラ『青ひげ公の城』(演奏会形式上演/字幕付き)

青ひげ公:ジェラルド・フィンリー(バリトン)
ユディット:リナ・シャハム(メゾ・ソプラノ)

PROGRAMC

リゲティ
アトモスフェール
ワーグナー
歌劇『ローエングリン』第1幕への前奏曲
ウェーベルン
管弦楽のための6つの小品 op.6
ワーグナー
楽劇『トリスタンとイゾルデ』から前奏曲と愛の死
ブラームス
交響曲第2番 ニ長調 op.73

PROFILE

サー・サイモン・ラトル(指揮)
Sir Simon Rattle, Conductor

英国リヴァプール出身。バーミンガム市響を率いたあと、2002~18年にはベルリン・フィルの芸術監督として活躍。2017年からはロンドン響の音楽監督に就任した。現在に至るまで一貫してクリエイティヴな活動を続け、70以上の録音は高い評価を得、また教育プログラムの推進など新しい分野も開拓し、多くの名誉ある賞を受賞。ウィーン・フィル、ボストン響、フィラデルフィア管、METをはじめ、世界各地の主要楽団や歌劇場と長年にわたる強い信頼関係を築き、注目すべき成果を残している。

ロンドン交響楽団
London Symphony Orchestra

1904年創設。「多くの人々に素晴らしい音楽を届けたい」という起業家精神のもと、楽団員により運営される、英国最高にして世界屈指のオーケストラ。伝統のサウンドをもち、各時代の一級の演奏家と名演を繰り広げている。2017年からラトルが音楽監督を務め、より演奏活動に密度が増した。年間60回を超えるコンサートを行い、世界の音楽都市も定期的に訪れる。自主レーベル「LSOライヴ」は大成功で、教育、メディアにも深く関わる。「スターウォーズ」などの映画音楽でも有名。

エルザ・ドライジグ(ソプラノ)
Elsa Dreisig, Soprano

パリ音楽院などで学び、2016年にドミンゴが創設したコンクール「オペラリア」の女性部門で第1位。ロイヤル・オペラ《魔笛》でパミーナ役などを歌い、世界の主要歌劇場で活躍。コンサートでもラトル指揮ベルリン・フィルとの「天地創造」や、W=メスト指揮ウィーン・フィルの公演にも出演している。

エリーザベト・クールマン(メゾ・ソプラノ)
Elisabeth Kulman, Mezzo-soprano

ウィーン国立音楽大学で学び、当初はソプラノとしてデビュー。2005年からはメゾやアルトとして世界の主要歌劇場でモーツァルトからワーグナーまで幅広く歌ったが、15年からは深い美声と知性でコンサート活動に専念している。ラトル、ブロムシュテット、クルレンツィスといった大指揮者たちと共演。

リナ・シャハム(メゾ・ソプラノ)
Rinat Shaham, Mezzo-soprano

2004年にグラインドボーン音楽祭の《カルメン》タイトルロールでデビューして以来、当役を世界中で歌う。ラトル、クリスティ、スラットキンらの指揮者と共演し、《コシ・ファン・トゥッテ》デスピーナや、《青ひげ公の城》ユーディトをはじめ、古典から近現代の作品まで幅広いレパートリーをもつ。

ジェラルド・フィンリー(バス・バリトン)
Gerald Finley, Bass-baritone

モントリオール生まれ。英国王立音楽大学などで学び、現在はワーグナー《タンホイザー》のヴォルフラムや《オテロ》イアーゴなどを世界主要歌劇場で歌う、当代を代表するバリトン歌手。パッパーノ、ラトル、サロネン、ネルソンスらの指揮者と共演し、現代オペラにも卓越した才能を発揮。