ARTISTSアーティスト

ピアノ ネルソン・フレイレNelson Freire

PROFILE


 人生を演奏に捧げ、偉大なレパートリーと真摯に対峙してきた芸術家フレイレの才能は、今や極点に達している。彼が選曲し演奏する作品はみな、どこまでも詩的で、完全無欠で、この上ない感銘を与える音楽となる。
 ブラジルのボア・エスペランサ生まれ。両親が息子の早熟な才能に気づき、一家がリオ・デ・ジャネイロに移ったのは、フレイレが5歳の時。12歳で当地の国際コンクールのファイナリストに選ばれ、これをきっかけにブラジル大統領からの奨学金を受け、ウィーンにわたり、グルダの師として名高いザイドルホーファーのもとで学ぶこととなった。19歳でリパッティ・メダルを贈られ、リスボンのヴィアンナ・ダ・モッタ国際コンクールで優勝した。22歳でロンドン・デビューを果たしてセンセーションを巻き起こしたフレイレを、タイムズ誌は「若き鍵盤の獅子」と形容、ニューヨーク・デビューを飾った際、タイム誌は「同世代中、いや全世代中、もっともエキサイティングなピアニストのひとり」と絶賛した。
 フレイレは以来50年にわたり、世界屈指のコンサートホールから招かれ、最高峰の指揮者・オーケストラからソリストとして指名されるピアニストである。デッカ・レーベルの専属アーティストとして、ますます深化していく洞察力を録音の分野でも発揮、ディアパゾン・ドール、グラモフォン賞など高名な賞を多数受けている。

 ゲルギエフ、テミルカーノフ、小澤征爾、ブーレーズ、シャイー、デュトワ、クーベリック、プレヴィンらの指揮のもと、ベルリン・フィル、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管、ニューヨーク・フィルなどをはじめ、ミュンヘン、パリ、ウィーン、ボストン、フィラデルフィア、シカゴ、ロサンジェルスなどのトップ・オーケストラと共演を続けている。

 2003年のドキュメンタリー映画『ネルソン・フレイレ: A man and his music』(監督: ジョアン・モレイラ・サレス)には、彼の様々な演奏会の模様が収められている。

GALLERY

LINKS

PAGEUP