Christian Arming Christian Arming
©Shumpei Ohsugi
Christian Arming Christian Arming
©Shumpei Ohsugi
Christian Arming Christian Arming
©Shumpei Ohsugi
Christian Arming Christian Arming
©Shumpei Ohsugi
Christian Arming Christian Arming
©Shumpei Ohsugi
  • ARTIST
  • CONDUCTOR

Christian Arming

クリスティアン・アルミンク

ウィーン生まれ。ウィーン国立音楽大学でレオポルト・ハーガーに学んだあと、小澤征爾のもとで研鑽を積み、ボストン交響楽団や新日本フィルハーモニー交響楽団にデビュー。24歳の若さでチェコのヤナーチェク・フィルの首席指揮者に迎えられ、その後、スイスのルツェルン歌劇場およびルツェルン交響楽団の音楽監督などを経て、2003~13年に新日本フィル、2011~19年にベルギー王立リエージュ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督として活躍した。2017年からは、広島交響楽団の首席客演指揮者を務めている。

これまでにチェコ・フィル、ドレスデン・シュターツカペレ、ベルリン・ドイツ響、フランクフルト放送響、ザルツブルク・モーツァルテウム管、ウィーン響、スイス・ロマンド管、ベルギー国立管、トゥールーズ・キャピトル国立管、ローマ・サンタ・チェチーリア国立管などヨーロッパのトップ・オーケストラと共演。ほかにも、ボストン響との再共演のほか、シンシナティ響、ヒューストン響 、アトランタ響、N響、上海響など多くのオーケストラに招かれている。

1997年にザルツブルク音楽祭のオープニングを指揮したのを機にオペラ指揮者としてもファンが多く、シンシナティ・オペラでブリテンの《ねじの回転》、トリエステのリリコ劇場で《ばらの騎士》、ルツェルン歌劇場で《ボエーム》、ヴェローナ歌劇場で《サロメ》《エレクトラ》、ストラスブール歌劇場で《イーゴリ公》などを指揮して高い評価を得ている。また、フランクフルト歌劇場では《さまよえるオランダ人》《ドン・ジョヴァンニ》《イェヌーファ》《ホフマン物語》《こびと》を振った。新日本フィルでは定期的にオペラ・プログラムを組み、《ペレアスとメリザンド》《レオノーレ》《ジャンニ・スキッキ》《サロメ》、ツェムリンスキーの《フィレンツェの悲劇》、《ローエングリン》《こうもり》などに取り組んだ。2019年には小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトで小澤征爾と共に《カルメン》全4公演を指揮。

レコーディングも数多く、ヤナーチェク・フィルとのヤナーチェク、シューベルト作品、新日本フィルとのブラームス/交響曲第1番、マーラー/交響曲第3番および第5番、リエージュ・フィルとのフランク/交響曲ニ短調などをリリース。2018年には、リエージュ・フィルとシルバ・オクテットの共演による新譜がドイツ・グラモフォンからリリースされた。

Twitter
@ChristianArming
AppleMusic
Christian Arming
Spotify
Christian Arming

Orff: Carmina Burana (excerpt)