ARTISTSアーティスト

オーケストラ イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団The Israel Philharmonic Orchestra

PROFILE

 1936年に名ヴァイオリニストのブロニスラフ・フーベルマンによって創設される。初めての演奏会は、同年12月26日にアルトゥーロ・トスカニーニの指揮で行われた。テルアビブ、エルサレム、ハイファで定期公演シリーズを行っているほか、特別公演やその他あらゆるコンサート・シリーズをイスラエル全土で展開している。また、世界各地へのツアーを定期的に行ったり、著名な音楽祭への登場も多い。イスラエル出身アーティストの多くは、イスラエル・フィルとの共演でイスラエル人作曲家の作品を初演して活躍の場を広げている。またイスラエル・フィルは、新たな移民を楽団員として積極的に受け入れることでも知られている。世界の一流指揮者やソリストたちと共演しているほか、イスラエルや海外の若手音楽家たちともステージを共にしている。
 音楽教育およびアウトリーチ・プログラム“KeyNote(キーノート)”の一環として、イスラエル・フィルの楽団員たちが学校で演奏したり、テルアビブのチャールズ・ブロンフマン・オーディトリアムで子どもたちのためのコンサートを行う活動をしている。

 1969年にズービン・メータが音楽アドバイザーに就任し、その後、1977年に音楽監督に就任。1988年にレナード・バーンスタインが桂冠指揮者に、1992年にクルト・マズアが名誉客演指揮者に、そして2011年よりジャナンドレア・ノセダが首席客演指揮者に就任している。


ズービン・メータ(指揮者)
Zubin Mehta, conductor

 インドのボンベイ生まれ。父メーリ・メータは、ボンベイ交響楽団の創設者であり、ロサンジェルスのアメリカン・ユース交響楽団の音楽監督を務めた指揮者である。音楽的な環境の中で育ったが、青年期は薬学を学び、その後18歳のときにウィーン国立音楽大学へ進むことを決め音楽の道に転身した。わずか7年後には、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮。瞬く間に世界屈指の指揮者のひとりとなり、コンサートやオペラで手腕を発揮した。
モントリオール交響楽団(1961〜1967)、ロサンゼルス・フィルハーモニック(1962〜1978)、ニューヨーク・フィルハーモニック(1978〜1991)、バイエルン州立歌劇場(1998〜2006)など名だたる楽団や歌劇場の音楽監督を歴任しているほか、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団では、1969年より音楽アドバイザー、1977年より音楽監督、1981年より終身音楽監督に就任した(2019年退任予定)。このオーケストラとの繋がりは特に深く、コンサート、レコーディング、ツアーなど、世界中を舞台に数えきれないほどの活動を共にしている。さらに1985年よりイタリアのフィレンツェ五月音楽祭管弦楽団の首席指揮者を務め、2006年には終身名誉指揮者に就任している。
 あらゆる国で受賞歴があり、特にイスラエルでは、エルサレムのヘブライ大学、テルアビブ大学、ワイズマン科学研究所より名誉博士号を与えられている。またヘブライ大学では、音楽学部の建物に彼と父メーリの名がつけられている。1991年にイスラエル賞特別賞、1995-96年にウルフ財団音楽賞、2012年にイスラエルのシモン・ペレス大統領より名誉勲章を授与している。フィレンツェとテルアビブの名誉市民であり、1997年よりウィーン国立歌劇場、2006年よりバイエルン州立歌劇場、2007年よりウィーン楽友協会合唱団の名誉会員である。また、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(2001年)、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(2004年)、ロサンゼルス・フィルハーモニック(2006年)、バイエルン州立管弦楽団(2006年)より「名誉指揮者」の称号が与えられている。ほかにも、ウナ・ヴィータ・ネッラ・ムジカ〜アルトゥール・ルービンシュタイン賞、ケネディ・センター名誉賞、ダン・デービッド賞、高松宮殿下世界文化賞、ハリウッド大通りのスター・オブ・フェイム、ロシア芸術アカデミーの名誉博士号、タゴール文化調和賞など受賞。2006年には、ドイツとイスラエルで彼の自叙伝「Die Partitur meines Leben: Erinnerungen(The Score of my Life: Memories)」が出版された。
 弟のザリン・メータと共にボンベイのメーリ・メータ音楽財団の共同代表として200人以上の子どもたちにクラシック音楽の教育を行うなど、世界中で若手音楽家の発掘やサポートに尽力している。

CONCERTS

イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団

2018年5月28日 (月) 19:00 開演 (18:30 開場)

サントリーホール

イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団

2018年5月31日 (木) 19:00 開演 (18:00 開場)

ミューザ川崎シンフォニーホール

イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団 日本ツアー 201

指揮:ズービン・メータ ヴァイオリン:辻彩奈

5月27日(日) 16:00 新潟/りゅーとぴあ 新潟市芸術文化会館 コンサートホール【プログラムA】
問:りゅーとぴあチケット専用ダイヤル 025-224-5521
問:NSTイベントインフォメーション 025-249-8878
問:セブンチケット http://7ticket.jp/...

5月28日(月) 19:00 東京/サントリーホール【プログラムA】
問:カジモト・イープラス 0570-06-9960

5月29日(火) 19:00 東京/東京文化会館 大ホール【プログラムB】
問:公益財団法人都民劇場 03-3572-4311

5月31日(木) 19:00 川崎/ミューザ川崎シンフォニーホール【プログラムC】
問:カジモト・イープラス 0570-06-9960

6月2日(土) 19:30 大阪/ザ・シンフォニーホール【プログラムA】
問:ABCチケットインフォメーション 06-6453-6000


【プログラムA】
モーツァルト:交響曲第38番 ニ長調 K.504 「プラハ」
   ***
マーラー:交響曲第5番 嬰ハ短調

【プログラムB】
J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第3番 ト長調 BWV1048
シューベルト:交響曲第7番 ロ短調 D759 「未完成」
   ***
ブラームス:交響曲第2番 ニ長調 op.73

【プログラムC】
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 op.47(ヴァイオリン:辻彩奈)
   ***
マーラー:交響曲第5番 嬰ハ短調

GALLERY

PAGEUP