ARTISTSアーティスト

オーケストラ ローマ・サンタ・チェチーリア国立管弦楽団Orchestra dell' Accademia Nazionale di Santa Cecilia

PROFILE


 オペラではなく管弦楽を専門に演奏するイタリア最古のシンフォニー・オーケストラ。1908年に創設されて以来14,000回に及ぶコンサートを行い、これまでマーラー、ドビュッシー、R.シュトラウス、ストラヴィンスキー、ヒンデミット、トスカニーニ、フルトヴェングラー、カラヤンらを指揮に迎える。83年から90年までバーンスタインが名誉総裁を務めた。レスピーギの『ローマの噴水』は同団が初演している。
 95年、英国の定評ある音楽祭「プロムス」の百回記念公演にイタリアのオーケストラとして初めて招かれる。97年から2005年まで首席指揮者を務めたチョン・ミュンフンとは、スペイン、ポルトガル、ベルギーで公演し、アジアでもたびたびツアーを行った。01年にはベルリン・フィルの本拠地フィルハーモニーでイタリアのオーケストラとして初めて客演。
 05年10月にアントニオ・パッパーノが音楽監督に就任して以来、カンタービレも音もさらに輝きを増し、07年の来日公演は「鳥肌がたつ鮮やかさで音が立ち上がり、一瞬でモノクロがカラーになったような衝撃」と大絶賛される。同公演はその年の「音楽の友」誌ベスト・コンサート第3位に輝いた。06-07年のシーズンにはフェニーチェ劇場およびスカラ座でも公演を行い、注目を集めた。
 08年、プッチーニ生誕150年を記念して『蝶々夫人』を録音し09年クラシックFMグラモフォン賞(オペラ部門)を受賞。09年にはヴェルディ『レクイエム』のライブ録音をリリース。10年、英国の「クラシックFM」誌で世界のオーケストラ・トップ10に選ばれている。

GALLERY

PAGEUP