ARTISTSアーティスト

ヴァイオリン 戸田 弥生TODA Yayoi

PROFILE


 4歳からヴァイオリンを始め、1985年に日本音楽コンクール第1位。桐朋学園大学音楽学部を首席で卒業し、1992年アムステルダムのスウェーリンク音楽院に留学。これまでに、江藤俊哉、ヘルマン・クレバース、シャルル・アンドレ・リナール、ドロシー・ディレイの各氏ほかに師事。
 使用楽器はシャコンヌ (カノン)所有のグァルネリ・デル・ジェス(1728年製作)。

1993年のエリザベート王妃国際音楽コンクール優勝以来、日本を代表するヴァイオリニストの一人として、圧倒的な集中力による情熱的な演奏が聴く者を魅了する。

 国内の主要オーケストラはもとより、ニューヨーク・チェンバー・オーケストラ、モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団、プラハ・チェンバー・オーケストラ、ハーグ・レジデンティ管弦楽団、スウェーデン放送交響楽団、ボン・ベートーヴェン・ハレ管弦楽団、北オランダ・フィルハーモニー、セント・マーティン・アカデミー管弦楽団、ロンドン・フィルハーモニー、ベルガモ室内オーケストラ、ドイツ・カンマー・フィルハーモニーなどにソリストとして客演。小澤征爾、ユーリ・シモノフ、ジャン・フルネ、ガリー・ベルティーニらの名指揮者のほか、シュロモ・ミンツ、ジャン・ジャック・カントロフ、アレキサンダー・シュナイダー、スタニスラフ・ブーニン、マルタ・アルゲリッチ、フランク・ブラレイ、アブデル・ラーマン・エル=バシャ、ジェラール・コセらと共演している。

 1994年、第4回出光音楽賞を受賞。96年にはニューヨークのジュリアード音楽院から“ディレイ・スカラシップ”を受けて1年間学び、97年にニューヨーク・デビューを果たし絶賛を博した。また、オランダの作曲家トリスタン・コイリス(1946~1996)から「ヴァイオリン協奏曲第2番」(1995)を献呈され、アムステルダムのコンセルトヘボウで初演を果たしている。99年にはカーネギー・リサイタル・ホールで室内楽を中心としたリサイタル「Yayoi and friends」を開催した。その後アジアにも活動の場を広げ、2009年には上海で室内楽や武漢交響楽団との共演、韓国でジェジュ音楽祭に出演。翌10年は4月にオランダとスペインでのヴァイオリン・マスタークラスを、11月にピアノのヴァレリー・アファナシェフとのデュオを東京と福井で行なった。デビュー20周年を迎えた2013年には、東京、大阪、神戸、福井で、協奏曲、デュオ、無伴奏等多くの公演を行って大好評、17年の国際音楽祭NIPPONでは諏訪内晶子とともにコンサート、マスタークラスに参加し、18年にはびわ湖クラシック音楽祭では沼尻竜典とのデュオが好評を博した。2019年8月には、フェリス女学院大学名誉教授の宮本とも子が弾く、ボストンやその郊外にある主要な教会でそこにあるC.B.Fisk氏製作のオルガンと共演、いずれも絶賛された。

 録音も数多く、「J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ全曲」「20世紀 無伴奏ヴァイオリン作品集」などの無伴奏作品の他、珠玉の小品集「子供の夢」、ピアニストのエル=バシャとの「フランク:ヴァイオリン・ソナタ、シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第2番」をリリースしており、最新盤はエル=バシャとの共演第2弾「エネスク: ヴァイオリン・ソナタ第3番 バルトーク:ヴァイオリン・ソナタ第1番」。

 国内外のコンクール審査員としても招かれ、2005年にはエリザベート王妃国際音楽コンクールのヴァイオリン部門審査員を務めた。現在フェリス女学院大学音楽学部演奏学科教授、桐朋学園大学音楽学部非常勤講師。

LINKS

公式サイト:http://www.yayoi-toda.com/
PAGEUP