ARTISTSアーティスト

ピアノ /フォルテピアノ トマシュ・リッテルTomasz Ritter

PROFILE


 1995年ポーランドのルブリン生まれ。2008年ワルシャワのシマノフスキ国立音楽学校にてイリーナ・ドンブロフスキに師事、優秀な成績で卒業した。
 2014年9月からモスクワ音楽院に留学し、ミハイル・ヴォスクレセンスキーにピアノを、アレクセイ・リュビモフにピアノとフォルテピアノを、マリヤ・ウスペンスカヤとアレクセイ・シェフチェンコにチェンバロを学んでいる。
2017年シンフォニア・ヴァルソヴィア財団から奨学金を受けた。
2018年ワルシャワで開催された第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで1位。
同年ペンデレツキ夫妻から芸術賞を、2019年にはポーランド文化・国家遺産省の「ヤング・ポーランド」をそれぞれ受賞した。
リッテルはこのほかポーランドのビドゴシュチで開催された第9回アルトゥール・ルービンシュタイン記念若いピアニストのための国際コンクール(2011年)やエンシェデのコンクール(2010年)で1位、プラハ(2010年)のコンクールでは「若いピアノの才能賞」を受賞した。2012年にはスウプスクで開催された第46回ポーランドピアノ音楽祭青年の部で優勝。
 リッテルはほかにもヴィクトル・メルシャーノフ、タチヤーナ・シェバノワ、ヴェラ・ノジーナ、アヴォ・クユムジャン、マルコム・ビルソン、アンドレアス・シュタイアー、トビアス・コッホのマスタークラスに参加している。
 ポーランド国内や海外の音楽祭に参加し、ポーランド放送交響楽団、シンフォニア・ヴァルソヴィア、18世紀オーケストラ、バッハ・コレギウム・ジャパン、プラハのマルティヌー・カルテットやチューリッヒのストラディヴァリウス・カルテットと共演している。

VIDEO&MUSIC

PAGEUP