NEWSニュース

2020/12/23 | 大切なお知らせ

■大阪フィルハーモニー交響楽団 第53回東京定期演奏会 出演者変更のお知らせ


2021年2月15日(月) 大阪フィルハーモニー交響楽団 第53回東京定期演奏会(会場:サントリーホール)に出演を予定していましたピアニスト、アンヌ・ケフェレックは、外国人入国制限のため来日不可となりました。

代わりまして北村朋幹が出演いたします。

ケフェレックの出演を楽しみにしてくださっていたお客さまには申し訳ございませんが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。




<北村朋幹(ピアノ)>
Tomoki Kitamura, piano

3歳よりピアノを始め、浜松国際コンクール第3位、シドニー国際コンクール第5位ならびに3つの特別賞、リーズ国際コンクール第5位、ボン・テレコム・ベートーヴェン国際コンクール第2位など受賞。
第3回東京音楽コンクールにおいて第1位ならびに審査員大賞(全部門共通)受賞、以来日本国内をはじめヨーロッパ各地で、演奏活動を定期的に行っている。2020年9月、東京オペラシティ主催の「B→C」では、4台の鍵盤楽器を駆使し、ケージらの作品を演奏したこの画期的なコンサートは「我が国のピアノ演奏史において重要な一夜と言っても過言ではない。」(伊藤制子)と言わしめた。また2019年からは自身のリサイタル企画「Rial-time」を開催している。
録音は最新アルバム「Bagatellen」を含む4枚のソロアルバムをフォンテックよりリリース、レコード芸術をはじめとする主要紙において好評を得ている。
東京藝術大学に入学後、2011年よりベルリン芸術大学ピアノ科で学び最優秀の成績で卒業。
伊藤恵、エヴァ・ポブウォッカ、ライナー・ベッカー各氏に師事。現在はフランクフルト音楽・舞台芸術大学に於いて、イェスパー・クリステンセン氏のもと歴史的奏法の研究に取り組んでいる。

オフィシャルサイト
http://tomoki-kitamura.com/
 

PAGEUP