NEWS

ニュース

2021.09.13|ニュース

辻彩奈、新たな境地へ“代役“で挑む難曲。大阪フィル、コロナ禍におけるオーケストラの現在


ヴァイオリニストの辻彩奈がこの9月、大阪フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会に出演します。
新型コロナウイルスの感染拡大による渡航規制によってヴァイオリニスト、ベンヤミン・シュミットが来日出来なくなったことによる代役出演ですが、コロナ禍において状況が刻々と変化する中、ヴァイオリニストにとって難曲の一つとされる「ベンジャミン・ブリテン : ヴァイオリン協奏曲」に挑戦することになった辻が、今回の意気込みをお話しします。また、大阪フィルの福山修 事務局長に辻との共演にかける想い、コロナ禍におけるオーケストラの現在を語っていただきました。


辻彩奈、新たな境地へ“代役“で挑む難曲。
大阪フィル、コロナ禍におけるオーケストラの現在
辻彩奈 × 福山修(大阪フィルハーモニー交響楽団 事務局長)
https://www.kajimotomusic.com/articles/2021/ayana-tsuji/