NEWS

ニュース

2021.08.18|O.A.情報

藤倉大が、8/19 & 8/26(木)放送のNHK Eテレ「カラフルな魔女~角野栄子の物語が生まれる暮らし」テーマ音楽を再び作曲!





作曲家の藤倉大が8/19、8/26(木)放送のNHK Eテレ「カラフルな魔女〜角野栄子の物語が生まれる暮らし」の新テーマ曲を3曲、書き下ろしました。

”児童文学のノーベル賞”と呼ばれる国際アンデルセン賞作家賞を受賞した角野栄子さんを特集した特別番組で、昨年11月に放送された「カラフルな魔女の物語~角野栄子85歳の鎌倉暮らし~」の続編となります。

前回に引き続き、新テーマ曲3曲はいずれも藤倉による自演で、自宅にてレコーディングされています。どうぞお楽しみに!


NHK Eテレ「カラフルな魔女〜角野栄子の物語が生まれる暮らし」
https://www.nhk.jp/p/ts/GX1J391X7M/schedule/

●第1回「海と旅」
2021年8月19日(木) 22:55~23:20

●第2回「見えないものを見るメガネ」
2021年8月26日(木) 22:55~23:20


「魔女の宅急便」で知られる作家・角野栄子の、センスあふれる暮らしと作品の魅力に迫る。86歳の角野はこの夏「海とお別れする儀式」をしようと考えている。その心は… 40代後半でヒールにお別れして以来、角野のモットーは「ペタンコ靴をはいて自分の足でどんどん歩く」こと。鎌倉の海辺の散歩も日々の楽しみのひとつだ。24歳で海を渡りブラジルで暮らしたことが、作家としての原点だという角野。「魔女の宅急便」の主人公キキも、海が見たいとコリコの街にたどり着いた。「海」は何かが生まれてくる感じがしてわくわくするという角野が、「もう一度だけ海に入りたい」と考えた理由とは…(NHK・番組サイトより)


<テーマ音楽>
https://youtu.be/knZyJmdlSDg
https://youtu.be/TeNvTes2Z0c
https://youtu.be/pMiXlPBEZFI


<プロフィール>
藤倉大
15歳で単身渡英しベンジャミンらに師事。国内外から委嘱多数。尾高賞、ヴェネツィア・ ビエンナーレ音楽部門銀獅子、芸術選奨音楽部門文部科学大臣新人賞、アイヴァー・ノヴェロ賞等受賞多数。オペラの国際的評価も高く2015年に《ソラリス》、18年に《黄金虫》、20年に《アルマゲドンの夢》を世界初演。17年から「ボンクリ・フェス」の芸術監督を務める。録音はソニー・ミュージックや主宰するMinabel Recordsから、楽譜はリコルディ・ベルリンから出版されている。