NEWS

ニュース

2021.07.14|ニュース

辻久子さんの訃報に寄せて

国際的なヴァイオリニストとして活躍した辻久子さんが、7月13日にご逝去されました。
1935年に9歳でデビュー、戦前のクラシック音楽界の黎明期に天才少女と呼ばれていた辻さんは、その後も国内外において第一線での活躍を続けられるとともに、後進の音楽教育にも熱心に取り組んでおられました。

KAJIMOTOの創成期において、初めて所属となっていただいたアーティストでもあり、弊社70年の歴史の礎となった方です。

長年にわたり、日本の聴衆へ素晴らしい音楽を届けてくださった辻久子さんに、改めて深い感謝の意を表します。 ご冥福を心からお祈り申し上げます。

KAJIMOTO



1951年。辻久子(ヴァイオリン)、吉田貴寿(チェロ)、原智恵子(ピアノ)



梶本会長夫人、サントリー元会長・佐治敬三ご夫妻とともに。(中央が辻久子)