ARTISTSアーティスト

室内楽 ウィーン・リング・アンサンブルWiener Ring-Ensemble

PROFILE


 ウィーンの旧市街を取り巻くこの街ならではのみごとな環状道路、“リング”にちなんで命名されたこのアンサンブルは、まさにウィーンの音楽を演奏するために結成された。
 2016年までウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の名コンサートマスターとして同団を率いたライナー・キュッヒルを中心に、ヴァイオリン2人、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、フルート、ホルン各1人にクラリネット2人の9人編成で、ウィーン・フィルの腕利きの主要メンバーたちである。
 ウィーン情緒の香り高いシュトラウス・ファミリーやツィーラー、ランナーたちのワルツ、ポルカの演奏は、ウィーンに寄せる彼らの愛情と誇りを痛感させ、聴く者をこの上ない幸福感で満たしてくれる。
 ウィーン楽友協会での年末恒例のコンサート・シリーズでは、1999年以降、ウィーン・リング・アンサンブルの演奏会が毎年ブラームスザールで行われ、地元ウィーン子の絶賛を集めている。2002年夏には、ルツェルン・フェスティバルに招待された。
 日本へは1991年に初来日し、引き続き1993年以降毎年のように来日。ウィーンでの「ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート」に出演後、すぐに日本へ駆けつけてニューイヤー・コンサートを行い、本場の響きと香りをそっくり日本のファンに届けている。
 1998年には長野オリンピック文化・芸術祭参加公演に選ばれ、現地で2回の演奏会を行った。その他、度重なるテレビ放映、CDで、日本でもすっかりおなじみの存在である。
 31回目の来日ツアーとなる2021年から、チェロにシュテファン・ガルトマイヤーが参加予定。


<メンバー>
ライナー・キュッヒル (ヴァイオリン)
Rainer Küchl,Violin

ダニエル・フロシャウアー (ヴァイオリン)
Daniel Froschauer,Violin

ハインリヒ・コル (ヴィオラ)
Heinrich Koll,Viola

シュテファン・ガルトマイヤー (チェロ)
Stefan Gartmayer,Cello

ミヒャエル・ブラデラー (コントラバス)
Michael Bladerer, Contrabass

カール=ハインツ・シュッツ(フルート)
Karl-Heinz Schütz, Flute

ダニエル・オッテンザマー (クラリネット)
Daniel Ottensamer, Clarinet

アレックス・ラドシュテッター(クラリネット)
Alex Ladstätter,Clarinet

ロナルド・ヤネシッツ(ホルン)
Ronald Janezic,Horn

VIDEO&MUSIC

PAGEUP