Keiko Mitsuhashi Keiko Mitsuhashi
©Earl Ross
Keiko Mitsuhashi Keiko Mitsuhashi
©Earl Ross
Keiko Mitsuhashi Keiko Mitsuhashi
©Earl Ross
Keiko Mitsuhashi Keiko Mitsuhashi
©Earl Ross
Keiko Mitsuhashi Keiko Mitsuhashi
©Earl Ross
Keiko Mitsuhashi Keiko Mitsuhashi
©Earl Ross
Keiko Mitsuhashi Keiko Mitsuhashi
©Earl Ross
  • ARTIST
  • CONDUCTOR

Keiko Mitsuhashi

三ツ橋 敬子

小澤征爾、小林研一郎、G・ジェルメッティ、E・アッツェル、H=M・シュナイト、湯浅勇治、松尾葉子、高階正光の各氏に師事。東京藝術大学及び同大学院を修了、キジアーナ音楽院より特別奨学金を得て学び、最優秀学生に贈られる名誉ディプロマを授与。2005年よりウィーン国立音楽大学に留学し、翌年トスカーナ管弦楽団とのツアーを指揮してヨーロッパデビュー、2007年ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団にてオペラデビューを果たした。2008年第10回アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールにて優勝。併せて聴衆賞、ペドロッティ協会賞を受賞し、最年少優勝で初の3冠に輝いた。2009年より小澤征爾音楽塾及びサイトウ・キネン・フェスティバル松本にて小澤征爾氏のアシスタントを務め、2009年の中国公演、2010年のカーネギーホール公演にも参加。2011年小澤征爾音楽塾中国公演では小澤征爾氏の代役で指揮、ピーター・ゼルキン氏と共演した。2010年第9回アルトゥーロ・トスカニーニ国際指揮者コンクールにて女性初の受賞者として準優勝。併せて聴衆賞も獲得。

2016年8月、サントリー芸術財団主催によるサマーフェスティバル「サントリーホール30周年記念 国際作曲委嘱作品再演シリーズ」では、「武満徹:ジェモー(双子座)」を指揮し成功に導いた。2018年はバーンスタイン生誕100年記念の東京ニューシティ管弦楽団第119回定期演奏会を指揮し、好評を博した。2019年7月、いずみシンフォニエッタ第42回定期では『繊細さを秘めたダイナミックなタクトはこの日の演奏会の理念を説得力豊かに聴衆に伝える架け橋となった』と評された。

これまでに札響、仙台フィル、群響、都響、読売日響、東響、東京フィル、日本フィル、新日本フィル、東京シティ・フィル、東京ニューシティ管、名古屋フィル、京響、大阪フィル、日本センチュリー響、関西フィル、大阪響、アンサンブル金沢、広島響、九響に客演。その他スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団などヨーロッパでの定期演奏会への客演も重ねている。 

2009年Newsweek Japan誌にて「世界が尊敬する日本人100人」に選出。2013年第12回齋藤秀雄メモリアル基金賞を受賞。

2016年から、神奈川県立音楽堂にて「三ツ橋敬子の夏休みオーケストラ!」がスタート。子供たちに多彩な音楽体験を届ける企画内容が好評を得ている。

Twitter
@keikomitsuhashi

子供も引き込むクラシック 東京フィルと共演