ARTISTSアーティスト

フルート 工藤 重典KUDOU Shigenori

PROFILE


 札幌生まれ。桐朋学園を中退し渡仏。1979年にパリ国立高等音楽院のJP.ランパル氏のクラスを一等賞で卒業。パリ国際フルートコンクール、ラ・ロッシェル現代音楽コンクール、ミュンヘン国際コンクール、ランパル国際フルートコン クールなどに入賞。これまでにイギリス室内管弦楽団、パイヤール室内管弦楽団、ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団、ウィーン室内管弦楽団、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団、ノルウェー室内管弦楽団、モスクワ放送交響楽団、フランツ・リスト室内管弦楽団、ラムルー管弦楽団、パリ・コンセール・パドゥルー管弦楽団、イ・ソリスティ・ベネティ、ルクセンブルグ放送管弦楽団、バルセロナ交響楽団、南アフリカ国立放送協会交響楽団、サンクトペテルスブルク・ヴィルトゥオーゾ、バイエルン放送交響楽団、シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ、パリ室内管弦楽団、KBS交響楽団、台湾国家交響楽団、国立マレーシアフィルハーモニー管弦楽団、ポーランド室内管弦楽団、国内ではNHK交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団など全ての主要オーケストラと共演。 また、JP.ランパル、ロストロポーヴッチ、パスキエトリオ、ウィーン弦楽四重奏団、C.ボリング、V.D.ロスアンヘレス、J.ノーマンなどのソリスト達と共演も多い。リサイタルやマスタークラスを40ヶ国、180以上の都市で開催。
 また、CDやレコードは、これまでに60枚以上リリースしている。20年以上に渡り、小澤征爾指揮/サイトウキネンオーケストラの首席フルーティストを務め、現在は、パリ・エコール・ノルマル、東京音楽大学、昭和音楽大学、エリザベト音楽大学、大阪音楽大学にて後進の指導にもあたっている。 現在、水戸室内管弦楽団首席奏者。2015年は、フルートを演奏し始めて50年目の記念プロジェクトを各地で展開し成功をおさめた。文化庁芸術作品賞、村松賞、フランス国大統領賞、京都芸術祭特別賞を受賞。

工藤重典&リチャード・シーゲル 2017年9月来日スケジュール

9月17日(日) 14:00 石巻/法音寺 本堂【プログラムA】
問:法音寺 0225-24-1294

9月19日(火) 19:00 大阪/ドルチェ・アーティスト・サロン大阪【プログラムB】
問:ドルチェ楽器 06-6377-1117

9月20日(水) 19:00 京都/京都コンサートホール アンサンブルホールムラタ【プログラムA】
問:京都コンサートホール 075-711-3231

9月22日(金) 19:00 札幌/六花亭ふきのとうホール【プログラムA】
問:ふきのとうホール 0120-12-666

9月23日(土) 17:00 東京/Hakuju Hall【プログラムA】
問:Hakuju Hallチケットセンター 03-5478-8700

9月24日(日) 16:00 出雲/ビックハート出雲【プログラムC】
問:出雲市芸術文化財団 0853-21-7580


【プログラムA】
J.S.バッハ: フルート・ソナタ ハ長調 BWV1033
クープラン: 王宮のコンセールより『趣味の融合』
ラモー: 組曲『インドの優雅な国々』より
C.P.E.バッハ: フルート・ソナタ 変ロ長調 Wq.125, H.552
   ***
テレマン: メトディカ・ソナタ ロ短調 TWV41:h4
J.S.バッハ: フルート・ソナタ ロ短調 BWV1030

【プログラムB】
テレマン: 無伴奏フルートのための12の幻想曲第1番 イ長調
J.S.バッハ: フルートとオブリガートチェンバロのためのソナタ ト短調 BWV1020
テレマン: 無伴奏フルートのための12の幻想曲第2番 イ短調
J.S.バッハ: フルートと通奏低音のためのソナタ ホ短調 BWV 1034
   ***
テレマン: 無伴奏フルートのための12の幻想曲第6番 ニ短調
J.S.バッハ: 組曲第2番 ニ短調 BWV1008 (原曲:無伴奏チェロ)
テレマン: フルート・ソナタ へ短調 TWV41:f1

【プログラムC】
ボアモルティエ: 5本のフルートのための協奏曲第3番 ニ長調
C.P.E.バッハ: トリオ・ソナタ ハ長調
テレマン: 2本のフルートとチェンバロのためのスケルツォ ホ長調
ミシェル・コレット: 3本のフルートのための協奏曲ハ長調 op.4-3
***
シェドゥヴィル(伝ヴィヴァルディ): フルートソナタ「忠実なる羊飼い」より第6番 ト短調
テレマン: フルートソナタ ヘ短調
JS バッハ: フルートと通奏低音のためのソナタ ホ短調 BWV1034

LINKS

公式サイト: http://www.kudoshigenori.com
PAGEUP