ARTISTSアーティスト

ピアノ 小林愛実KOBAYASHI Aimi

PROFILE


 1995年9月23日山口県宇部市生まれ。
 現在、東京都/フィラデルフィア在住。

 8歳より二宮裕子氏に師事し、2011年桐朋学園大学付属高校音楽科に全額奨学金特待生として入学。2013年よりフィラデルフィア・カーティス音楽院に留学。現在、マンチェ・リュウ教授に師事し研鑽を積んでいる。

 3歳からピアノを始め7歳でオーケストラと共演、9歳で国際デビューを果たす。2004年(8歳)ピティナ・ピアノコンペティションJr.G級(16歳以下)出場最年少で金賞。2005年(9歳)全日本学生音楽コンクールに史上最年少優勝。2009年アジア太平洋国際ショパンピアノコンクール(韓国)ジュニア部門優勝。2011年ショパン国際コンクールin Asia アジア大会、コンチェルトの最高部門で金賞。

 2005年(9歳)以降、ニューヨーク・カーネギーホールに4度出演、パリ、モスクワ、ポーランド、ブラジル等に招かれ、スピヴァコフ指揮モスクワ・ヴィルトゥオーゾ、ブリュッヘン指揮18世紀オーケストラ、ジャッド指揮ブラジル響等と共演。ポーランドには、「ショパンとヨーロッパ」国際音楽祭ほか、協奏曲のソリストとして度々招かれた。国内では、読売日響、東京フィル、兵庫芸術文化センター管弦楽団、日本フィル等と共演し、サントリーホールをはじめ、各地でもリサイタルを行い高い評価を得る。

 2010年(14歳)「デビュー!」でCDメジャーデビュー、翌年セカンドアルバム「熱情」をリリース(EMI CLASSICS)。また、同年ショパン生誕200年記念に際して、ポーランド政府より「ショパン・パスポート」を授与された。

 幼少期より多くのメディアから注目を集め、フランスのLCIテレビのドキュメンタリー、日本テレビ「深夜の音楽会」、テレビ朝日「題名のない音楽会」、NHK-BS「みんなのショパン」、NHK-BSプレミアム「クラシック倶楽部」など多数のテレビやラジオ番組にも出演。
 今、世界的な活躍が期待できる日本の若手ピアニストとして最も注目を集めている。

Download

小林愛実 写真3点 ©Akira Muto (zip/35.3MB)
小林愛実 履歴(Wordファイル)
小林愛実 英語プロフィール



小林愛実 スケジュール

『小林愛実 ピアノリサイタル』
3月5日(日)17:30開演 ひめぎんホール メインホール(愛媛県・松山市) 
【プログラム】
ショパン:ノクターン 第20番 嬰ハ短調
ショパン:ピアノ・ソナタ第2番《葬送》変ロ短調 op.35
ショパン:スケルツォ 第1番 ロ短調 op.20
リスト:巡礼の年第2年『イタリア』より  
     「3つのペトラルカのソネット」
     「ダンテを読んで」(ソナタ風幻想曲)
【お問い合わせ】 
南海放送チケットセンター 089-915-3838
website

『パリと音楽家たち 小林愛実ピアノ・リサイタル』
5月20日(土)15:00開演 練馬文化センター 小ホール(つつじホール)
【プログラム】
ドビュッシー:版画
リスト:3つのペトラルカのソネットより「ペトラルカのソネット第123番」
リスト:巡礼の年第2年「イタリア」より 「ダンテを読んで」(ソナタ風幻想曲)
モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調 K.331 《トルコ行進曲付》
ショパン:2つのノクターンよりOp.62-1
ショパン:ポロネーズ第6番「英雄」 変イ長調 op.53
【お問い合わせ】 
(公財)練馬区文化振興協会 03-3993-3311
website

『かつしかシンフォニーヒルズ開館25周年 記念コンサート♪井上道義・小林愛実・NHK交響楽団』
5月28日(日)16:00開演 かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール(東京)
【プログラム】
モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番イ長調 K.488
【お問い合わせ】
かつしかシンフォニーヒルズ 03-5670-2233
website

『NHK交響楽団演奏会 大阪公演』
5月30日(火)19:00開演 NHK大阪ホール(大阪)
【プログラム】
モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番イ長調 K.488
【お問い合わせ】NHK大阪ホールNHKイベントガイド 06-6947-5000
website



ニュース

◆アニメ『クラシカロイド』クラシックCD集第2弾に、ピアニスト小林愛実が参加!! (2017.2.11)

2016年10月よりNHK Eテレにて放送中のTVアニメ『クラシカロイド』 (http://www.classicaloid.net/)。
モーツァルトやベートーヴェンなどクラシック界の偉人をモチーフにした“クラシカロイド”が現代で巻き起こす様々な騒動を描く物語。彼らが奏でる“ムジーク”と呼ばれる音楽を、布袋寅泰・tofubeats・つんく♂ら現代のトップミュージシャンたちが担当し、クラシックの名曲が彼らの手によって大胆にアレンジされている、話題のアニメです。

今回、番組の挿入歌の元となる、登場オリジナルクラシック楽曲を収録したアルバム第2弾に小林愛実が参加いたします!


“ClassicaLoid” presents ORIGINAL CLASSICAL MUSIC No.2
-アニメ『クラシカロイド』で“ムジーク”となった『クラシック音楽』を原曲で聴いてみる 第二集-
発売日:2017年2月22日
価格:¥1,800(本体)+税
規格番号:WPCS-13657
http://wmg.jp/classicaloid/

知る人ぞ知る(!?)往年のクラシック・アナログ盤を髣髴とさせるジャケットも公開されました。
日頃からクラシック音楽を聴くヘビーユーザーも思わずニヤリとしてしまいそうです・・・!

小林が演奏するのは、誰もが耳にしたことのある名曲でありながら、
録音盤としては希少な パダジェフスカの「乙女の祈り」。
録音風景PVが公開されました!
https://www.youtube.com/watch?v=O19DhxBOs5M

2月22日にいよいよ発売です!どうぞお楽しみに!

VIDEO&MUSIC

PAGEUP