ARTISTSアーティスト

指揮 パスカル・ロフェPascal Rophé

PROFILE

 

フランス国立ロワール管弦楽団 音楽監督


 革新的で情熱的な音楽家、パスカル・ロフェは、フランスを代表する今もっとも旬な指揮者のひとりである。2014/2015年シーズンよりフランス国立ロワール管弦楽団の音楽監督を務めている。
 20世紀音楽の最も良き理解者として現代音楽を得意とするヨーロッパ各地の主要アンサンブルに定期的に招かれているロフェだが、18世紀や19世紀の交響曲レパートリーの解釈においてもまた絶大な評価を得ている。現代音楽と古典楽曲の両方を操るバランス感覚は、彼の指揮者としてのキャリアに大きな刺激をもたらした3つのスコア:ストラヴィンスキーの『春の祭典』、ブーレーズの『ル・マルトー・サン・メートル』、ベートーヴェンの『交響曲第9番』との出会いによって受けた衝撃から培われた。
 パリ国立高等音楽院を卒業後、1988年のブザンソン国際指揮者コンクールで第2位を獲得。その後、1992年からピエール・ブーレーズ、デイヴィッド・ロバートソンと共にアンサンブル・アンテルコンタンポランを指揮した。
 主要オーケストラへの客演はフランス国内外を問わず、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、アイスランド交響楽団、フィルハーモニア管弦楽団、 BBC交響楽団、BBCウェールズ交響楽団、アイルランド国立交響楽団、アンサンブル・アンテルコンタンポラン、スイス・ロマンド管弦楽団、RAI国立交響楽団、ノルウェー放送管弦楽団、NHK交響楽団、モンテ・カルロ・フィルハーモニー管弦楽団、バーデン=バーデン・フライブルクSWR交響楽団、ローザンヌ室内管弦楽団などと共演している。また、2009年6月までの3年間は、リエージュ・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督を務めた。
 現代音楽も然ることながら、オペラも名曲レパートリーと同様に聴衆にとって身近なものであるべきだと考える彼は、1シーズンに平均して2つのオペラ作品に取り組んでいる。これまでに、グラインドボーン・ツーリング・オペラで《ペレアスとメリザンド》、ローマ歌劇場で《タイス》、そしてブダペスト春の音楽祭で《さまよえるオランダ人》と《カルメル派修道女の対話》などを指揮している。また、現代オペラにおいては、ジュネーブ大劇場でミカエル・ジャレルの《ガリレオ》、パリ・シャトレ座でエシャード・オーメッドの《エロイズとアベラール》、リヨン歌劇場でミシェル・ルヴェルディの《メディア》、そして最近では、シテ・ドゥ・ラ・ムジークでブルーノ・マントヴァーニの《L'Autre Côté》を指揮するなど精力的に活動している。2011年4月には、パリ・オペラ座でマントヴァーニの新作オペラ《アフマートヴァ》の初演を指揮し、大好評を博した。さらに、2013年春にはパリとルクセンブルクで、プーランクの『声』とヴォルフ=フェラーリの『スザンナの秘密』をアンナ・カテリーナ・アントナッチとルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団との共演で指揮した。
 録音も多く、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、BBC交響楽団、BBCウェールズ交響楽団、スイス・ロマンド管弦楽団、リエージュ・フィルハーモニー管弦楽団、RAI国立交響楽団などと収録している。これらの録音の多くは賞を受賞しており、批評家から高い評価を得ている。
 2016年には、デュティユーの生誕100年を記念してBISレーベルより、フランス国立ロワール管弦楽団との録音によるデュティユー作品集がリリースされた。
 2016/2017年シーズンには、アンジェ=ナント歌劇場での演奏会形式の《ローエングリン》をはじめ、NFMヴロツワフ・フィルハーモニー管弦楽団、ソウル・フィルハーモニック、フィルハーモニア管弦楽団、スイス・ロマンド管弦楽団と再共演した。また、アジアでは台湾フィルハーモニック、中国フィルハーモニー管弦楽団、広州交響楽団にデビューを果たしており、兵庫芸術文化センター管弦楽団にも客演している。
 

VIDEO&MUSIC





PAGEUP