ARTISTSアーティスト

ピアノ ボリス・ベレゾフスキーBoris Berezovsky

PROFILE


モスクワ音楽院にてエリソ・ヴィルサラーゼに師事。チャイコフスキー国際コンクール優勝。これまで、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、ニューヨーク・フィルハーモニック、フランクフルト放送交響楽団、フランス国立管弦楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団などと共演。ヴェルビエ、ラ・ロック・ダンテロン国際ピアノなど、ヨーロッパの数々の音楽祭から招かれ、コンセルトヘボウの国際ピアノ・シリーズにも登場。室内楽ではこれまで、ヴァディム・レーピン、ジュリアン・ラクリン、ラルフ・カーシュバウム、ボリス・ペルガメンシコフ、ブリジット・エンゲラー、ドミトリ・マフチン、アレクサンドル・クニャーゼフらと共演し、多くの録音をリリースしている。
 ボリス・ベレゾフスキーは、きわめて力強いテクニックを誇るピアニストとして、また独自の洞察力と豊かな感性を兼ね備えた才能あふれる音楽家として非常に高い評価を得ている。
 モスクワ生まれ。1988年にウィグモア・ホールでロンドン・デビューを飾り、タイムズ紙より「輝かしい技巧と圧倒的なパワーを持つ、将来を嘱望させる類稀な才能を持ったアーティスト」と絶賛される。1990年、モスクワのチャイコフスキー国際コンクールで優勝し世界中から注目を浴びるようになる。
 これまで指揮者ではクルト・マズアやシャルル・デュトワ、ウラディーミル・アシュケナージ、アントニオ・パッパーノら、オーケストラではBBC響、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、ミュンヘン・フィル、ニューヨーク・フィル、フィラデルフィア管、新日本フィルなどと共演。またヴェルビエ、ザルツブルク、ラ・ロック・ダンテロンなど数々の国際音楽祭より定期的に招かれている。室内楽のパートナーとしては、ブリジット・エンゲラー、ワディム・レーピン、ドミトリー・マフチン、アレクサンドル・クニャーゼフらと親交が深い。
 2011年11月、アントニオ・パッパーノ指揮ローマ・サンタチェチーリア管弦楽団のソリストとして来日し、NHK音楽祭に登場。2012年5月にもラ・フォル・ジュルネ音楽祭への参加のため来日している。
 録音では、ショパン、シューマン、ラフマニノフ、ムソルグスキー、バラキレフ、メトネル、ラヴェル、リスト(超絶技巧練習曲全曲)の作品を収めたディスクをテルデックからリリースし、各音楽誌で推薦盤として紹介されている。最近のCDでは、ロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールとトゥールのラ・グランジュ・デュ・メスレイ音楽祭で行った公演のライブ録音(リスト/2010年1月)などが挙げられる。

CONCERTS

諏訪内晶子&マリオ・ブルネロ&ボリス・ベレゾフスキー特別公演

2017年5月30日 (火) 19:00 開演 (18:30 開場)

三井住友海上しらかわホール(名古屋)

諏訪内晶子&マリオ・ブルネロ&ボリス・ベレゾフスキー特別公演

2017年5月31日 (水) 19:00 開演 (18:30 開場)

紀尾井ホール

諏訪内晶子&ボリス・ベレゾフスキー デュオ・リサイタル

2017年7月4日 (火) 19:00 開演 (18:30 開場)

三井住友海上しらかわホール(名古屋)

諏訪内晶子&ボリス・ベレゾフスキー デュオ・リサイタル

2017年7月5日 (水) 19:00 開演 (18:30 開場)

東京オペラシティ コンサートホール

GALLERY

PAGEUP