ARTISTSアーティスト

ピアノ 花房 晴美HANAFUSA Harumi

PROFILE


 〝巨匠ピアニスト名鑑のHの項に、クララ・ハスキル、ウラディーミル・ホロヴィッツに並んで、いずれ花房晴美の名が刻まれるであろう。″―ハイファイステレオ誌

 華麗な演奏が魅力の、日本を代表するピアニストの一人。国内はもとより、海外のオーケストラとの共演を重ねるなど、国際的にも高く評価されている。
 桐朋学園高校を首席で卒業後、フランス政府給費留学生として渡仏。パリ国立音楽院で、ピアノをピエール・サンカン氏に、室内楽をジャン・ユボー氏に学ぶ。
 モンツァ国際コンクール第2位入賞、ヴィオッティ国際コンクール第3位(1位なし)入賞、エリーザベト王妃国際コンクール入賞ならびに新作課題曲(協奏曲)に対する作曲家賞受賞。第5回シフラ国際コンクール第2位(1位なし)入賞、同時に聴衆が選ぶ最も気に入ったピアニストにも選ばれる。ボルドー音楽祭では金メダル受賞。
 国内でのリサイタルの他、NHK交響楽団をはじめとする日本の主要オーケストラとの共演も数多く、いずれも好評を得ている。またソリストとしてBBC交響楽団、エーテボリ管弦楽団、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団、コロンヌ管弦楽団、フランツ・リスト室内管弦楽団、アンサンブル・ウィーン=ベルリンなどと共演している。海外のオーケストラとフランス、イギリス、ベルギー、ドイツ、イタリア、ハンガリーなどヨーロッパ各国、アメリカ、さらにホンコン、タイなどアジアでツアーを行う。近年ではカンヌ音楽祭に参加し、「技術に裏付けられた、輝かしい演奏」と絶賛された。
 レコーディング活動も活発で、『ラヴェル:夜のガスパール/鏡』や『ドビュッシー:前奏曲第1巻』は、フランスのディアパゾン誌やハイファイステレオ誌などで絶賛を博した。また、珠玉の作品を集めた『ピアノ名曲集』や『リスト作品集』『ドビュッシ―:前奏曲第2巻』『ムソルグスキー:展覧会の絵』『ラヴェル:夜のガスパール/亡き王女のためのパヴァーヌ』のCDもいずれも高い評価を得ている。1993年には実妹真美とピアノ・デュオ作品を集めた『ア・グレイスフル・フレーム』をリリース。1995年には高関健指揮新日本フィルハーモニー交響楽団と『リスト:ピアノ協奏曲/チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番』を録音し、詩情あふれる円熟の協奏曲2題と絶賛される。また、『ピアノ名曲集』の好評を受け、第2弾『アンコール 花房晴美』もリリース。最新CDは日本アコースティックレコーズより「フランス・ピアノ作品集 ~花房晴美ライブ・シリーズⅡ」があり、レコード芸術で特選盤に選ばれる。
 2007年は、日本デビュー30周年にあたり、秋には集大成と言うべきリサイタルを東京・紀尾井ホールで二夜にわたって行った。近年も海外での活躍も目覚しく、2011年1月にはニューヨークカーネギー・ホールでニューヨークデビュー公演を行い、11月には「SOIRÉE ANNIVERSAIRE Franz LISZT et Georges CZIFFRA」(記念夜会)に出演。ソロの他、フィリップ・ジュジアーノやイヴ・アンリ、ジャン・フィリップ・コラールらと共演しいずれも好評を博す。2013年3月にはマイケル・シンメル芸術センター(ニューヨーク)にて、「西村朗:ピアノ協奏曲<シャーマン>」をアメリカで初演し、大きな話題を呼んだ。
 2010年からシリーズ・パリ音楽のアトリエをスタートさせ、今日まで第13回続いており、第14回は日本デビュー40周年のリサイタルを10月13日(金)に予定している。
PAGEUP